国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

スポットライト

TPP11発効に伴う著作権保護期間の延長について

TPP11が発効となり、2018年12月29日時点で保護期間中だった著作物の保護期間は原則として著作者の没後70年になりました。国立国会図書館では継続して著作権処理を行い、権利処理が完了したデジタル化資料はインターネットに公開していきます。

関連ページ:国立国会図書館ウェブサイト 図書、雑誌、古典籍資料の著作権処理について 外部サイト
関連サイト:文化庁 環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律(平成28年法律第108号)及び環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律(平成30年法律第70号)について 外部サイト