国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

実業の世界. 21(8);八月大活動號

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 実業の世界
    • 1900~1909 (23)
    • 1910~1919 (231)
    • 1920~1929 (115)
      • 1920 (12)
      • 1921 (12)
      • 1922 (10)
      • 1923 (10)
      • 1924 (12)
        • 21(1);新年號 [174]
        • 21(2);二月號 [105]
        • 21(3);三月號 [118]
        • 21(4);四月大奮闘號 [112]
        • 21(5);五月大飛躍號 [105]
        • 21(6);六月號 [102]
        • 21(7);七月號 [88]
        • 21(8);八月大活動號 [108]
          • 避暑と女と金と : 卷頭//1~
          • 贅澤品關稅法案改正その他數々の非を論じて加藤首相に辞職を勸吿す/野依秀一/2~7
          • 太郞兵衛駕籠式を止めよ/幸田露伴/8~12
          • 老人は小兒の如し/野依秀一/12~12
          • 吾輩の確信する不景氣回復策/高橋是淸/13~15
          • 一滴の香水萬客を呼ぶ(銀座松屋吳服店の思ひつき)/安成貞雄/15~15
          • 日本銀行總攻擊開始//16~26
          • 日銀火事泥棒二千萬圓をはき出せ/野依秀一/16~19
          • 無能で日本一の月給賞與を貪ぼる日銀重役/一記者/20~23
          • 日銀は六千万の資本より二億圓に增資せよ//24~26
          • 大臣の俸給を四倍に增加せよ//19~19
          • 死せる松方老公人を走らす(漫畵)//23~23
          • 煉瓦を一個づゝ叩いて十五銀行を建てた八十三歲の老翁//26~26
          • 至誠、博愛、融合の道/澁澤榮一/27~31
          • 余が人物採用の標準を信仰に置は何故か/正田貞一郞/31~31
          • 景氣の好い人惡い人/三宅雄二郞/32~35
          • 三宅先生の個人雜誌「我觀」をすゝむ//35~35
          • 避暑から見た歐米人と東京と大阪人の優劣/藤原銀次郞/36~37
          • 誰も氣の附かぬ夏の個人衛生/後藤秀兵/38~41
          • 百貨店はこれだから駄目だ/池田藤四郞/42~45
          • 三井家一ケ年の純益は何千万圓か 三菱の二千三百万圓より多いか少ないか/商尊子/46~56
          • 三井の人物//46~46,47~47,48~48,49~49,50~50
          • 團琢磨君//46~46
          • 有賀長文君//47~47
          • 福井菊三郞君//49~49
          • 池田成彬//48~48
          • 藤瀨政次郞//50~50
          • 三菱に百貨店の經營をすゝむ/池田藤四郞/56~56
          • 二億圓の大會社を專斷で經營するは何故か/若尾璋八/57~57
          • 松方公の生ひ立ちより死ぬまで(漫畵)//58~65
          • 危險思想の挑發者正しく言へば國賊の西園寺公一人と七千萬の國民と何れが重きが/野依秀一/58~61
          • 松方公ゆく/不屈生/62~63
          • 松方老公を憶ふ/澁澤榮一/63~63
          • 考へ直さねばならぬ大木伯/今村力三郞/64~65
          • 三菱王國の建設者 岩崎彌太郞(社會講談)/白柳秀湖/66~74
          • 運轉手から四十萬圓の均一タクシーの社長となる迄/糧苅信世/75~79
          • 大川氏への忠吿を喜ぶ/位高給低居士/79~79
          • 製氷會社及び冷藏事業の現在とその經營者/一記者/80~82
          • 瓦斯不足の爲め東京市民は一年千二百萬圓の大損害を爲しつゝあり/商尊子/83~88
          • 三菱は地代の半分を割いて社會に奉仕せよ//88~88
          • 贅澤品關稅改正法案の可否/藤山雷太他/89~97
          • 休みに關する能率的常識/長谷川國雄/98~102
          • マルクス流の能率に就て/長國生/102~103
          • 作業轉換は有効か/長國生/103~103
          • 武藤山治氏は鐘紡社長を辭すべし/野依秀一/104~105
          • 我輩は選擧成金に非ず/野依秀一/106~106
          • 主筆安成貞雄氏逝く/社中同人/107~110
          • 小說講談を讀みし感想/島地大等他/111~118
          • 株式會社箱根土地の暴利ぶり/動坂生/119~123
          • 千二百萬圓の資本で二千六百萬圓の借金でクビのまわらぬ上毛モスリン會社の現狀と川又貞次郞の罪狀//124~126
          • 臺灣の現狀と其發展方法//127~135
          • 台灣人の爲めの台灣の產業策/恒任寅男/127~132
          • 蕃地開發の急務を高唱す/恒任寅男/133~135
          • 北海道及び樺太の富と其開發策//136~166
          • わが北門の寶庫北海道事情/村田榮次郞/136~145
          • 日米問題農村問題の行きつまれる今日 北海道移民奬勵を論じて自作農地設定の實行を提唱す/東武/157~160
          • 北海道長官土岐嘉平君//146~146,161~161,164~164
          • 北海道に於ける事業と人物//146~156
          • 吾北門拓殖の鍵を握る北海道拓殖銀行//147~147
          • 小樽港の重鎭山本厚三君の事業//146~146
          • 北門銀行札幌本店及小樽支店の營業振り//148~148
          • 三井物產小樽支店//149~149
          • 王子製紙苫小牧分社//149~149
          • 帝國電燈北海道支社//150~150
          • 富國火災保險//150~150
          • 北海道汽船株式會社常務取締役古田慶三氏談//150~151,164~164
          • 北日本汽船//151~151
          • 大北火災保險主任野々口淸馬君//151~151
          • 北海道製糖//152~152
          • 日魯漁業株式會社//153~153
          • 北海製罐倉庫//153~153
          • 北海道煉乳//154~154
          • 極東煉乳札幌工塲//154~154
          • 森永製菓北海道工塲//154~154
          • 住友札幌鑛業所//155~155
          • 鈴木商店小樽支店//155~155
          • 北海道電燈//156~156
          • 帝國貯藏銀行黑田保次君//156~156
          • 函館製綱船具末富孝次郞君//156~156
          • 雜穀商小林藤五郞君//156~156
          • 保險會社と拓殖事業//161~161
          • 祝北海道樺太開拓號//161~161
          • 本間隆佶//161~161
          • 德田堅彌//161~161
          • 岡本光三//161~161
          • 永井金次郞//161~161
          • 植松健//161~161
          • 近藤宏太郞//161~161
          • 坂口茂次郞//161~161
          • 佐藤五三郞//161~161
          • 下出多與門//161~161
          • 樺太槪况//162~164
          • 樺太事業界の權威 遠藤米七氏//165~165
          • 樺太工業株式會社//166~166
          • 北海道拓殖銀行豐原支店長安藤信彥君//166~166
          • 大泊町商業會議所會頭扇田彥助君//166~166
          • 野依社長の越後、足利、岡崎講演/一記者/167~167
        • 21(9);九月號 [106]
        • 21(10);拾月號 [101]
        • 21(11);十一月號 [120]
        • 21(12);十二月號 [101]
      • 1925 (12)
      • 1926 (12)
      • 1927 (12)
      • 1928 (12)
      • 1929 (11)
    • 1930~1939 (120)
    • 1940~1949 (55)
    • 1950~1959 (118)
    • 1960~1969 (111)
    • 1970~1979 (124)
    • 1980~1989 (58)

実業の世界の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10293067/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。