国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

秀郷竜宮巡 2巻

コマ番号
/15

解題/抄録

書誌の解題/抄録
青本合1冊、鳥居清満画、柱題「りうぐ(く)う界」「りう宮かい」。「秀郷龍宮巡」が本来の題か疑問あり。あるいは「花軍龍宮界」か。慶応義塾の同題作品は当館本とは別本で、この内容の作品は当館以外に所蔵が知られない。
(内容)龍宮界のお家騒動、浦島太郎と接合。
(上)浦島太郎が日本へ帰った後、龍宮の政事は弛み、鰐鮫太郎が鯰三郎と心を合わせ、竜王を殺して自分が王になろうと謀り、法螺貝四郎を遣わして三上山の百足に竜王に危害を加えるよう頼む。法螺貝四郎は帆立貝に乗って三上山に至り、鰐鮫八郎の口上を述べて頼む。百足は快諾する。竜王は百足が毎夜御殿の上で叫ぶ声に悩み、大勢を召して評議する。亀八が進み出て、近江の勢多へ行き日本人を頼もうと提案、執権桜鯛之丞が同意して促し、乙姫は浦島様の便りを聞いて給われと頼む。その夜、鯛之丞は雲気台で天文を観、魚鱗仲間の謀叛を察知する。藤太秀郷が勢多の橋に来ると、亀が涙を流し、主君が百足に悩まされるので退治して欲しいと頼む。秀郷は不憫に思い承知する。亀は喜び秀郷を背に乗せ龍宮へ案内する。凄まじい百足が御殿を巻き、秀郷は矢を射掛けるが一の矢も二の矢もはね返され、八幡を祈誓して唾を吐き掛けた三の矢に、さしもの百足も死し、秀郷の武功は天下に知られ賞嘆される。
(下)鰐鮫は百足が滅びたと聞き、龍宮へ攻め寄せ扉を敲いて鬨の声を上げ、数多の黒魚が喚き叫んで攻める。鰐鮫は馬上で軍配を掲げて下知し、赤鱏七郎、鯰三郎、法螺貝四郎が白鱚、鮑、兜貝、飛魚を攻める。鮹と法螺貝、鯰と鯛、赤鱏と亀の一騎討ち。入り乱れ勝負が付かぬ所へ、秀郷は大童(大わらわ)になって来、鰐鮫の口に手を掛け真二つに引き裂く。鯰は生捕られ追い払われる。法螺貝帆立貝ほか皆々降参する。竜王は大いに喜び「百足を退治、鰐の口を逃れ、再び龍宮が治まるのは秀郷の武功ゆえ」と、別殿に館を設え日々馳走する。秀郷は30日を龍宮で過ごし暇を乞う。竜王は日本への土産に俵や鐘など宝を飾り披露する。これにより俵藤太と称するそうだ。秀郷は日本へ帰り、丹後国を尋ね浦嶋に会い龍宮の有様を残らず物語り、乙姫からの伝言を伝える。浦島は「お前は龍宮へ行かれたか。私はもう玉手箱を開いたのでこのように翁となり果てた。これではもう龍宮へは参られますまい」と言う。(木村八重子)(2016.9)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10301423/1