国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

夏蜜柑果汁製造に関する基礎的研究 (第21報) : アスコルビン酸の褐変化反応下での分解

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
The Natsudaidai juice stored at room temperature deteriorates in flavor much more rapidly than the other juices. The deterioration in flavor is accompanied by the loss of ascorbic acid and the darkening of juice. Accordingly, it is recognized that ascorbic acid and its decomposition products play an important part on the darkening.Ascorbic acid in the presence of an acid yields furfural with the evolution of cabon dioxide. It is presumable that, furfural formed during the decomposition of ascorbic acid turns brown by polymerizing itself or with amino acids. Some furfurals were detected in browned Natsudaidai juice stored at room temperature.The juice was allowed to stand in contact with air, in which case the ascorbic acid was oxidized fairly rapidly. The primary product of oxidation of ascorbic acid is dehvdroascorbic acid, which is not colored. Surgical catgut immeresed in an alcoholic solution of ascorbic acid slowly turns red in the presence of air, as found by BLOCH. A similar reaction may occur in orange juice but it would be much slower. It is probable that the dehydroascorbic acid is hydrolyzed to 2,3-diketogulonic acid. 2,3-diketogulonic acid was also detected in an aged orange juice.Concentrated orange juice stored at room temperature gives rise to carbon dioxide without any sign of fermentation. The source of the carbon dioxide in this reaction is 2,3-diketogulonic acid, which is decarboxylated after its formation by the hydrolytic cleavage of the lactone ring of dehyfroascorbic acid.According to some investigations on natural juice, reductones other than ascorbic acid were not present in fresh juice, but they were found in stored juice. The author consideres the hydrolytic scission product of furfural as one of the unknown reductones. The chemistry of that reductone will be discussed in the next report.From this experiment, the mechanism of furfural formation from ascorbic acid in the browning reaction was suggested as follows : Ascorbic acid→Dehydroascorbic acid→2,3-Diketogulonic acid→Reductone (HOCH=CH-CH=COH-CHO)⇌Furfural

目次・巻号

醗酵工學雑誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

醗酵工學雑誌. 34 7の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10547853/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0003229438.pdf 777351 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。