国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

  前の巻号/記事   後の巻号/記事

"The Dancer from the Dance" : the Problem of the One and the Many in Yeats's "Among School Children"

解題/抄録

書誌の解題/抄録
"Among School Children" ranks as one of Yeats's greatest poems, a metaphysical tour de force which seeks to define, through its charged, symbolic language, the ultimate nature of reality. The first line of the poem sets the tone: "I walk through the long schoolroom questioning...," the "long schoolroom," of course, being life itself. Within the course of the poem, Yeats writes what are, arguably, the finest lines he ever committed to verse, the celebrated images of the "chestnut-tree" as a "great-rooted blossomer" and the "body swayed to music" which fuses, inextricably, the "dancer" to the "dance." Both of these images derive, to great extent, from Plotinus's Enneads, a tome with which Yeats was intimately familiar, not only from his own reading of the work, but also from the "occultly-derived" Neoplatonism he acquired during long years of study with the Hermetic Order of the Golden Dawn. In this paper, then, we intend to read Yeats in his "Neoplatonic light," interpreting "Among School Children" as a work seeking to harmonize, in its final four lines, two fundamental metaphysical opposites: 1) the illusory physical world, on the one hand, with 2) the transmundane realm of spirit or mind, on the other. Our central thesis in this paper will be that the poem, in undertaking this antinomic harmonization, obliquely employs as its "problem" the ancient philosophical conundrum of the "One and the "Many" and as its "solution" the equally ancient, semi-religious (i.e. mystical) concept of an "immanent-transcendent absolute." In the poem, Yeats articulates the nature of this "Neoplatonic synthesis" explicitly by the three philosopher's he employs: Plato represents transcendence; Aristotle, immanence; and Pythagoras, the "religious" blending of the two into a paradoxical metaphysical nexus, one which exists, simultaneously both beyond and within the phenomenal, physical world.

目次・巻号

異文化の諸相の書誌情報

簡易表示

詳細表示

異文化の諸相. 31の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10566098/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0009924726.pdf 897203 bytes
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。