国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Representing Sorrow in Stringband Laments in the Madang Area, Papua New Guinea

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
The people of Madang, who live in small-scale communities surrounding Madang town, have produced guitar band music since the end of World War II. Today, a couple of villages are known as places where laments for guitars are composed and performed at Christian funerals and burials. To the young people this practice of composing and playing guitar music for mortuary rituals is a way to express loss and to induce crying among the mourners. The songs are composed in the native languages in most cases. In Yabob village laments for stringband are generally called sore singsing, or "songs of sorrow," in which the image of a sailing canoe-a metaphor for a dead person in the native language-appears frequently. This type of lament is unique in that no lamentation, except for women's crying, is known in Madang before the arrival of Christianity. This new phenomenon is a product of the contemporary cultural landscape where the native languages, with their incorporation of the Tok Pisin word sore, have created a feeling of loss induced by the sound of the guitar. Guitar band music was once regarded as a mere entertainment, but as broken love and separation from the homeland were taken as themes for the songs it has become capable of expressing much deeper feelings. The evaluation of sore singsing varies according to cultural background, from the positive attitudes of Yabob residents to total rejection by outsiders who have little knowledge of Yabob images and general and persist in associating guitar band music with outdoor 'disco' dancing sessions. Laments sung with stringbands, especially for mortuary rituals, are apparently a new vehicle of expression as well as a local invention as a result of the dissemination of guitar band music by means of media such as the radio and cassette tapes and live band performances for dancing. This makes the cultural aspect of the sore singsing, or "sorrow songs" as the local residents sometimes characterize them in Tok Pisin, even more subtle: there are multiple discourses in and on the performative context, for the genre crosses the boundary between Christian piety and earthly entertainment, and between the authentic and the spurious, both of which constitute kastom or tradisen in Papua New Guinea. In this article, I explore the issues surrounding this music-making invention, which has been a vital part of expressive culture in Papua New Guinea, in an attempt to present the way musical expression attracts a particular range of feelings among the people in the contemporary cultural landscape.

People and culture in Oceaniaの書誌情報

簡易表示

詳細表示

People and culture in Oceania. 17の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10570344/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0003990808.pdf 1651555 bytes
機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。