国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

A new method for strength evaluation of propulsion shafting coupling bolts based on the actual failure mode

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
Damages to coupling bolts connecting propeller shaft, intermediate shaft and crankshaft of the main engine while infrequent also occur repeatedly. This paper identifies the exact causes of such damage through an in-depth examination of several bolt failure cases. It is found that contrary to their design criterion to avoid the shear failure at the face of the couplings, the bolts break off within the coupling flanges in bending. Examinations of the fracture surfaces reveal that the cracks initiate on the bolt surface of the reamer portion due to fretting fatigue that occurs in between bolt and flange hole surfaces. After initiation, the cracks are driven by torque-induced bending stress. The longitudinal location of maximum bending stress is determined by both experimental and theoretical analysis. Experimental and theoretical analysis results show that the maximum bending stress is mainly controlled by the bolt pretension force, the diametral interference between the reamer and the flange holes, and the contact length of the bolt reamer portion, in addition to the transmitted torque itself. Adequate bolt pretension forces reduce the bending stress in bolts by transmitting more torque through the friction between the flange coupling faces. The extent of shrinkage between reamer and hole is believed to change the supporting stiffness from flanges to bolts; the stiffer the supports, the smaller the bending stress. In addition, a shorter contact portion between reamer and hole shows a favorable effect on the bolt bending. As for the amplitude of the transmitted torque, the damage experienced cases are all estimated to be subjected to relatively large torsional vibratory torque. As the result of clearly identifying the affecting factors to the bolt failures, the Society's rule requirement for determining coupling bolt diameter has been changed to take into account the effect of vibratory torque. In addition to the change in rule requirement, the authors recommend preventive measures addressing the effects of the reamer shrinkage extent and the length of the reamer contact portion as well as the bolt pretension.

ClassNK technical bulletinの書誌情報

簡易表示

詳細表示

ClassNK technical bulletin. 26の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10577580/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0009253447.pdf 1598542 bytes
機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。