国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

  前の巻号/記事   後の巻号/記事

情緒研究法についての実験的考察 : 羞恥感を手がかりとして

解題/抄録

書誌の解題/抄録
羞恥感を生起せしめる具体的場面について,行動観察を主とした実験的方法と予料的調査方法との結果を比較考察し,さらにこれらの結果の照合により,かような情緒研究に際してこれら研究法の意義と特徴とについて次のような結果を得た。1)「みんなの前で録音した自分の声をはじめて聞く」場面で羞恥感を抱くものは小学2年で約半数あり,学年が進むにつれて増加の傾向を示す。かような場面で我々成人がみて羞恥の身体的反応と見做したγ行動を示すものは学年とともに著しい増加の傾向を示し,他のいくつかの際立った行動型は低学年では一様に生起しており,学年とともにそれぞれ増減の傾向を示し,行動特徴が発達的に明確化してくる。2)γ行動(うつ向く,顔を覆う,うつ伏す)を羞恥感の身体的表現行動と見做した場合に,現実的羞恥体験、とγ行動とが一致してくるのは中学2年頃からであってそれも女子は男子より早い。3)上述の実験場面を場面構成調査により感情と行動反応とに予料せしめ,この予料的調査結果を実験結果の羞恥反応,γ行動,羞恥とγ行動との一致,のそれぞれに比較すると,どの比較においても現実的反応率よりも予料的反応率が著しく低い。これらの結果からかような情緒についての予料的調査結果はあくまでその集団の一般的反応傾向の表示にすぎず,その情緒の現実的生起の様相に関しては殆んど意味を有しないことがわかる。情緒は構え,態度,客観的場面に基づく複雑な力動的過程であるから,この本質的解明にはあくまで実験的研究法が中心となるべきであろう。

教育心理学研究の書誌情報

簡易表示

詳細表示

教育心理学研究. 5 1の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10622260/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002072073.pdf 938570 bytes
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)
再生速度変更ボタン

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。