国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

子宮頚癌予後判別におけるX線CTの役割

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
5年以上の転帰が判明している129例(転帰良好75例, 不良54例)を対象として, 子宮頚癌の治療前CT所見に基づく予後判別を試みた. CT所見の評価は当教室で使用している9項目の分類に従った. 1)良好群, 不良群別の各項目における所見出現率は各々, (1)子宮頚部陰影の拡大40.0%, 64.8%(p<0.01), (2)子宮頚部陰影内のlow density area 18.7%, 37.0%(p<0.05), (3)壊死性空洞4.0%, 33.3%(p<0.001), (4)子宮留膿症8.0%, 31.5%(p<0.01), (5)子宮頚部陰影の不整不明瞭2.7%, 51.9%(p<0.001), (6)子宮傍組織陰影25.3%, 87.0%(p<0.001), (7)腔方向への進展2.7%, 37.0%(p<0.001), (8)膀胱方向への進展8.0%, 57.4%(p<0.001), (9)リンパ節陰影の拡大0%, 27.8%(p<0.001)とすべての項目で不良群における所見出現率が有意に高かった. 2)数量化II類を用いて多変量解析を行ない, それをもとに以下のごとき予後判別CTスコアを作成した. 各項目の, 所見なし, (6)の陰影なし, type A, および(8)のgrade 0を0点とし, (1)+1, (2)-1, (3)+1, (1)-3, (5)+25, (6)type B+29, C+25, D+10, (7)+2, (8)grade I+12, II+7, III+20, (9)+18, の点数とし, 判別点を0とするために定数を-30とした. このスコアによる予後良好, 不良の判別率は, 82.9%であり, 放射線治療例(n=47)のみの検討では-2を判別点とした場合の判別率は85.1%であった. 3)進行期とCTスコアの点数の検討では, 期が進むに従い有意に点数が高くなり, 同一期内でも良好群, 不良群間の点数はII期, III期で有意差が認められた. 不良群における点数と生存月数の間には負の相関があり(r=-0.37, p<0.05), 放射線治療例ではさらに高い相関が認められた(r=-0.54, p<0.01). 以上の成績より, 今回作成したCTスコアは予後判別のみならず, 頚癌進行度の評価や再発のrisk推定にも有用であるとの結論を得た.

目次・巻号

日本産科婦人科學會雜誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

日本産科婦人科學會雜誌. 43 2の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10691636/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002203560.pdf 843272 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。