国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

胎動図を基盤とするヒト胎児胎動の様相とその発達の研究 (<シンポジウム>胎児の行動 (fetal behavior) : その基礎と臨床)

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
In 167 normal fetuses at 26 to 41 weeks of gestation, features of fetal movement and fetal development were investigated with use of actocardiograph in connection with a microcomputer system. The signals of fetal movement obtained by actocardiograph were stored in a floppy disc every 250ms for 5 minutes through an AD-converter, and were analyzed every 5 minutes with the computer to reveal 3-dimensional (3-D) histograms. The 3-D histogram of fetal movement was composed of number, amplitude and interval of the signals in 11 voltage steps between 0.05 and 0.55V. The histogram clearly indicated state of fetal behavior, being either resting or active state. Fetal movement such as rolling movement, breathing movement and hiccup could be also identified with the computer analysis. In 68 normal fetuses at 14 to 41 weeks of gestation, the cross-correlation between fetal movement and fetal heart rate (FHR) were examined with the computer analysis. Finally fetal responses to acoustic and light stimulation were evaluated with use of pure-tone generator and flashlight. Acoustic stimulation was carried out in 53 normal fetuses at 28 to 41 weeks and light stimulation was performed in 116 normal fetuses at 18 to 41 weeks of gestation. The fetal responses were evaluated with actocardiogram. As a result, 1) Frequency in active state decreased and resting state increased as gestational weeks advanced, and then the frequencies of both state remained constant after 37 weeks of gestation. Duration of resting state also increased from 26 weeks to 37 weeks. These observations may suggest that fetal behavior can be established by 37 weeks of gestation. 2) Frequency in rolling movement decreased until 37 weeks of gestation, and then the movement increased during 38〜41 weeks. Frequency in breathing movement increased to 33 weeks of gestation, then it remained constant. Hiccup occurred most frequently at 30〜33 weeks, and it decreased thereafter. The function in fetal respiratory movement may be accomplished by 33 weeks of gestation. 3) Positive cross-correlation between fetal movement and FHR was observed as gestational weeks advanced. The correlation coefficient increased from 14 weeks up to 41 weeks. Acceleration of FHR following fetal movement eventually occurred in fetuses at 16 weeks, but the onset of acceleration delayed than normally occurred in developed fetuses. The delay was shortened in fetuses at 24 weeks and this was comparable to the delay in developed fetuses. These results suggest that the linkage of the acceleration of FHR with fetal movement is established at 24 weeks of gestation. 4) It was observed that fetus at 28 weeks is able to respond to acoustic stimualtion, and the response rate increases as fetus grows up. The sensitivity to pure sound in 1,000Hz in fetuses at 40 weeks was found to be tenfold higher that in fetuses at 28 weeks of gestation. Fetuses at 18〜21 weeks did not respond to light stimulation, but fetal response to the stimulation could be detected in fetuses at 22 weeks of gestation. The response rate rose rapidly up to 29 weeks, then the rate increased gradually. Thus sensory systems in fetus developed with fetal age. The present study suggests that fetal behavior and function in each initiate separately and develop at different stage of gestation. The behaviors and functions are possibly integrated and established by 37 weeks of gestation, which may be related to the development of central nervous system in fetus.

日本産科婦人科學會雜誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

日本産科婦人科學會雜誌. 43 8の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10692640/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002404103.pdf 943478 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。