国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

腫瘍マーカーの現況と将来

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
Recently, it has been revealed that cancer cells produce many substances that are hardly detectable in healthy people. Some of these substances are found in the bloodstream and are clinically used as serum tumor markers. Breakdown products of these serum tumor markers are discharged into the urine ; and, therefore, urine can also be a good source of samples for cancer diagnosis. In addition, as other substances remain on or in the cancer cells, we may be able to develop new assay systems using cancer cells as the sample. 1. Serum tumor markers : Many of the recently developed tumor markers are sugar antigens, and are clinically useful for the diagnosis of ovarian cancers. These sugar antigens can be classified into three major categories ; core protein-related antigens (CP-RA), core of sugar chain-related antigens (CSC-RA) and periphery of sugar chain-related antigens (PSC-RA). CA125, CA602, and CA130 belong to CP-RA ; CA602, CA72-4, and sialyl Tn to CSC-RA ; and CA19-9 and sialyl Lewis X (SLX), to PSC-RA. The positive rates of CP-RA in the sera of patients with ovarian epithelial cancers are usually very high except in the case of mucinous cystadenocarcinomas. Meanwhile, those of CSC-RA are higher than those of CP-RA in the sera of mucinous cystadenocarcinoma patients, and the false-positive rate of CSC-RA is lower than that of CP-RA in benign ovarian tumors. The diagnostic efficiency of PSC-RA is inferior to that of CA-RA and CSC-RA. Multi-variate analysis has revealed that the combination assay of these two groups of markers is the most effective among the sugar antigen assays for the diagnosis of epithelial ovarian cancers. 2. Urine tumor markers : β-core fragment (β-CF), a fragment of the hCG β-subunit missing its carboxyterminal peptide, is often detected in the urine of gynecological malignancies, indicating that urine can be a good sample source for cancer detection. 3. Cell tumor markers : Cytologically, we sometimes have difficulty in making a definitive diagnosis of endometrial cancers. In order to devise a new supplementary method, we developed anti-endometrial adenocarcinoma monoclonal antibody MSN-1. MSN-1 recognizes mainly the Lewis-b carbohydrate moiety on the cell surface glycolipid, seldom reacts immunohistochemically with normal endometrium, but gives a positive reaction in more than 85% of endometrial adenocarcinoma cases. By application of MSN-1 to a Cell-EIA, in which endometrial cells taken by the endocyte or endosearch were used as samples, we obtained a positive rate of 3% for normal endometrium and one of 67% for endometrial cancers, thus indicating the possibility of differentiating normal cells from cancer cells in the endometrium by this means.

目次・巻号

日本産科婦人科學會雜誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

日本産科婦人科學會雜誌. 43 8の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10692642/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002404105.pdf 908737 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。