国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

ヒト卵胞の発育・選択・成熟・閉鎖と局所因子(<シンポジウム>卵胞発育の調節機構 : 局所因子を中心として)

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
It is well known that gonadotropin controls a major part of follicular development. However, the mechanism of local regulation under the control of gonadotropins in still unclear. In this study, we focused on the local regulation of steroidogenesis, growth factors and cell proliferation to evaluate the human follicular development. To assess steroidogenesis, it is important to detect the expression of steroidogenic enzymes in the granulosa and theca cells during folliculogenesis. We initially tried to find out the transcription factor Ad4BP that binds the Ad4 site and regulates the function of steroidogenic enzyme. By immunohistochemistry, the expression of Ad4BP was confirmed spordically in preantral granulosa cells. In the antral follicles, the expression of Ad4BP was observed both in the granulosa and theca cell. According steroidogenic enzyme, we evaluated temporal and spatial localization of cholesterol side chain cleavage (scc), 3β hydroxysteroid dehydrogenase (3β HSD), 17α hydroxylase (17α) and aromatase, and steroid receptors. In briefly, the localizations of scc, 3βHSD and 17α were observed in preantral follicles and the mRNA expressions of these enzymes were confirmed in the theca cell by in situ hybridization method. Expression of aromatase was generally observed in only one follicle (antral or mature follicle) per case in mid proliferative to premenstrual phase. The localization of androgen and estrogen receptor was observed in the antral follicle granulosa cells, and estrogen receptor was detected only in aromatase positive follicles. These results suggested that Ad4BP initially controls the function of steroidogenic enzymes and steroidogenic enzymes gradually express from primary follicles to mature follicles. At antral follicle stage, steroid metabolism completes to produce testosterone. When aromatase and estrogen receptor express in antral follicle, this antral follicle develops as the dominant follicle and produces estradiol to promote follicle maturation. We therefore speculate that the expression of aromatase and estrogen receptor have an important role for the selection of dominant follicle in human. According growth factors for follicular development, it has been demonstrated to be important in the biological activity in the ovary. In this study, we examined the localization of EGF, TGFα and their receptor (EGFR). The localization of EGF was not confirmed both mRNA and protein level through follicular development. On the other hand, the localization and expression of TGFα was confirmed in theca cells and EGFR in granulosa cells at antral stage. This finding suggested that TGFα is locally synthesized from theca cell and acts as a paracrine fashion through EGFR. In cycling ovary, the number of theca and granulosa cell markedly increase and then decrease at atretic follicle. Hence, we examined cell proliferation and apoptosis. Ki67, PCNA and AgNORs which are the maker of cell proliferation were examined and the parentage of positive cells increased significantly from antral to dominant follicles. Moreover, in antral follicle of luteal phase, the parentage was similar as in follicular phase. These results demonstrate that cell proliferation reaches maximum at antral follicle and even antral follicle in luteal phase has a potency to develop as dominant follicle. We could not detect apoptosis during follicular development. Finally we examined the local environment of polycystic ovary (PCO) syndrome. In briefly, the environments of steroidogenic enzymes, steroid receptors and ki67 were similar as antral follicle of normally cycling ovary. These results suggest that follicles in PCO have a capability to develop for dominant follicle. In conclusion, Ad4BP is important for the expression of steroidogenic enzymes. The expression of aromatase and estrogen receptor in antral follicle may be one of a key for selection of dominant follicle.

目次・巻号

日本産科婦人科學會雜誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

日本産科婦人科學會雜誌. 47 8の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10698644/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002207169.pdf 2149126 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。