国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

子宮動脈血流波形における拡張期切痕(notch)による妊娠中毒症の発症予知に関する検討 : 特にUTAIとしてのnotchの定量化

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
妊娠中毒症(以下, 中毒症と略す)症例において, 子宮動脈血流速度波形における拡張期切痕(notch)がしばしば観察される. そこで, notchと中毒症の発症との相関を検討し(後方視的検討), さらに, notchの計測が中毒症の発症予知に対して有用か否かについて検討した(前方視的検討). 血流速度波形の解析は, notchの有無およびnotchを定量的に評価するために独自に導入した子宮動脈指数(UTAI:拡張期最高血流速度/notch部最低血流速度)を用いて行った. さらに, 比較のために従来の指数であるresistance index(RI)ならびにpulsatility index(PI)についても検討した. 1. 後方視的検討: 1989年から1991年の間のハイリスク妊婦115例を含む妊婦153例を対象として, 子宮動脈および胎児の血流速度波形計測を施行した. 153例のうち最終的に中毒症と診断されたのは19例であった. 妊娠24〜27週(n=20)および妊娠32〜35週(n=48)において, 子宮動脈PI値は, 中毒症発症群では非発症群に比し有意に高値で(p<0.05およびp<0.05), さらに, notchを認める群では認めない群に比し, 有意に高い中毒症発症率を示した(p<0.005およびp<0.0005). 胎児の血流速度波形計測では中毒症発症, 非発症群間に有意差を認めなかった. 2. 前方視的検討: 1991年から1993年の間に当科外来を受診した妊婦387例を対象として, 妊娠16〜23週におけるUTAIおよび子宮動脈RIとPIの計測を行い, 中毒症発症に対する予知について検討した. その結果, 胎盤付着側におけるsensitivity(%)とspecificity(%)はUTAI, RI, PIの順にそれぞれ, 70.6, 75.0, 81.3および82.0, 67.4, 71.9であり, UTAIはRIおよびPIと同等の成績でいずれも98%以上の高いnegative predictive valueを示した. しかし, positive predictive valueとefficiencyはUTAIが優れていた(17.6%および81.4%). 子宮動脈の拡張期notchを定量化したUTAIの計測は, 妊娠16〜23週という早期における中毒症発症予知に対して有用と考えられた.

目次・巻号

日本産科婦人科學會雜誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

日本産科婦人科學會雜誌. 47 10の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10698720/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002207245.pdf 1039163 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。