国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

  前の巻号/記事   後の巻号/記事

Pregnancy-Associated Plasma Protein A (PAPP-A)の分離抽出

解題/抄録

書誌の解題/抄録
我々は, ゲル濾過クロマトグラフィー・Heparin-Sepharoseアフィニティークロマトグラフィー・DEAE-Sephacelクロマトグラフィーを用い, 新たに開発した3段階クロマトグラフィー法によって, Pregnancy-Associated Plasma Protein-A (PAPP-A)を分離抽出した. 最初に正常妊娠末期母体血清30ml中の血清蛋白質をゲル濾過クロマトグラフィーによって分子量に従い分離した. ラジオイムノアッセイ(RIA)法により, PAPP-Aは高分子領域分画中に検出され, 母体血清中総PAPP-A量の91%がゲル濾過クロマトグラフィーにより溶出回収された. 次にこのPAPP-A含有分画をHeparin-Sepharose アフィニティークロマトグラフィーを用い, それぞれNaCl 0.15M, 0.30M及び0.60M含有の0.05Mトリス緩衝液にて順次分離溶出した. NaCl 0.60M緩衝液によりカラムに添加した総PAPP-A量の93%が回収された. さらにこのPAPP-A含有分画をDEAE-Sephacelクロマトグラフィーを用い, それぞれ0.15M, 0.30M及び0.45M NaCl含有酢酸緩衝液(pH 5.5)により順次分離溶出した. 0.30M緩衝液によりカラムに添加した総PAPP-A量の91%が回収された. 最後にPAPP-A含有分画を脱塩した後10倍に濃縮し, 3.8 IU (1.7mg)のPAPP-Aを得た. 本法により母体血清中総蛋白量の99%が除去され, 総PAPP-A量の74%が回収された. 分離抽出操作の前後で総蛋白量に対する総PAPP-A量の比(mIU : PAPP-A/mg : Protein)は526倍となり, 純度(mg : PAPP-A/mg : Protein)は68.4%となった. 精製された蛋白質はSDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法(SDS-PAGE)にて, 200kDa上の単一なバンドとして観察され, またWestern blotting法により, 分離抽出された主な蛋白質がPAPP-Aであることが示された. また交叉免疫電気泳動法及びTandem交叉免疫電気泳動法により, 今回我々が分離抽出したPAPP-Aは以前より使用されてきたTeisner et al.によるPAPP-Aと免疫学的に相同であることが示された. 今回新たな方法を用いて分離抽出されたPAPP-Aは純度が高いため, 今後より鋭敏で簡便な測定系の開発と, 標準品として広く利用されることが期待できると同時に, PAPP-Aの生体内での生物学的役割を明らかにするための, 基礎的研究に利用されると考えられる.

目次・巻号

日本産科婦人科學會雜誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

日本産科婦人科學會雜誌. 48 1の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10698848/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002207373.pdf 986192 bytes
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)
再生速度変更ボタン

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。