国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

モノクロナール抗体OC125及びSH-9の卵巣癌株細胞に対する細胞障害性について

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
【目的】従来, さまざまなモノクロナール抗体(以下Mo-Ab)が癌の補助的診断に応用されているが, それに対する抗原の生物学的機能についてはほとんど検討されていない. 一方, 抗体による抗腫瘍効果発現の機序には, 補体依存性細胞障害作用(以下CDC), 抗体依存性細胞介在性細胞障害作用(以下ADCC), 抗イディオタイプ抗体の産生あるいは免疫担当細胞群を介する抗腫瘍効果などが考えられているが, その細部については不明な点が多い. 今回, CA125分子上で異なる抗原決定基を認識するMo-Ab SH-9及びOC125を用い, 同一分子上で認識する部位の違いにより, 抗体の作用が異なるかどうかを検討する目的で, これらの抗体のもつ細胞障害性という面からヒト卵巣癌株細胞を対象にin vitro で検討した. 【方法】ヒト卵巣癌株細胞は, 漿液腺癌株細胞SHIN-3, 粘液腺癌株細胞MN-1, 線維肉腫株細胞KEN-3, Endodermal sinus tumor株細胞ECを用い, 抗体はCA125抗原に対するmouse Mo-Ab OC125とSHIN-3から分泌されるCA125抗原を免疫源として得られたmouse Mo-Ab SH-9を使用した. SH-9, 及びOC125, controlとしてmouse IgGの株細胞に対する抗体中和試験, 補体依存性及び抗体依存性細胞介在性の細胞障害性をMTT assay法で検討した. 【結果】検討した各項目で, OC125による細胞障害性が確認されたが, SH-9単独での細胞障害性はADCC以外では認められなかった. CA125は, 分子量4.9KDa以下の蛋白分子上に依存しこれに対し抗原決定基の異なるいくつかのMo-Abが樹立されているが, 今回, SH-9とOC125とを用いた比較試験より, OC125の抗原決定基は何らかの細胞障害性を表現する機能を有することが示唆され, SH-9がOC125とすべて同一の細胞障害性を示さなかったことから, CA125の存在する巨大分子上に分布する抗原決定基ごとにそれに寄与する生物学的機能が異なることが示唆されたと考える.

目次・巻号

日本産科婦人科學會雜誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

日本産科婦人科學會雜誌. 48 2の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10698887/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002406536.pdf 893406 bytes
機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。