国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

卵巣癌細胞のアポトーシス抑制に関与する遺伝子群を標的とした新しい癌化学療法の基礎的研究 (<シンポジウム>1. 卵巣がん化学療法の基礎と臨床)

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
The objective of this study is to clarify the association between the intracellular apoptotic signaling and the cytotoxic / therapeutic effect of cisplatin in ovarian cancer. Then, according to the findings obtained, we tried to develop a new strategy to manage cisplatin-resistant ovarian cancer. Firstly, the influence of apoptosis on the effect of cisplatin is examined. Treatment with cisplatin in cisplatin-sensitive ovarian cancer cell line A2780 markedly induced apoptosis, which was detected both by morphological examination as well as quantification of apoptosis using cell death ELISA method or measurement of caspase 3 activity. In contrast, cisplatin in the same dose did not induce significant apoptosis in cisplatin-resistant SK-OV-3 cell line. In addition, an inhibitor of caspase 3, Ac-DEVD-CHO, reduced the cytotoxity of cisplatin, suggesting that the effect of cisplatin is closely linked to the induction of apoptosis in ovarian cancer cells. Secondly, the role of pro-apoptotic Bax protein in the development of cisplatin-resistance of ovarian cancer was investigated. Immunohistochemical analysis revealed that decreased expression of Bax protein correlated with poor prognosis of patient with ovarian cancer. In vitro, Bax expression was attenuated in cisplatin-resistant ovarian cancers, A2780 / cDDP and SK-OV-3, compared with cisplatin sensitive A2780. These findings suggest that the disturbance in pro-apoptotic signaling through Bax play an inportant rote in the development of cisplatin-resistance. Accordingly, we tried to induce Bax protein in ovarian cancer cells using recombinant adenovirus which highly express the Bax protein. The pro-apoptotic effect of Bax induction was similarly intensive either in A2780 or A2780/cDDP, while it was minimum in SK-OV-3. Preliminarily, adenovirus-mediated transfer of the Bax gene into human ovarian xenografts showed suppressive effect on tumor growth. Therefore, adenovirus-mediated introduction of Bax may be a useful tool to manage a part of cisplatin-resistant ovarian cancer. Thirdly, the influence of gonadotropins, luteinizing hormone (LH) and human chorionic gonadotropin (hCG), on the apoptosis of ovarian cancer was examined. More than a half of ovarian cancer specimens expressed LH/hCG receptor. hCG treatment markedly reduced cisplatin-induced apoptosis in LH/ hCG receptor-positive ovarian cancer cell line, OVCAR-3, and induced insulin-like growth factor 1 (IGF-1) expression. IGF-1 also inhibited cisplatin-induced apoptosis and a neutralizing antibody to IGF-1 receptor restored apoptosis in OVCAR-3, suggesting that IGF-1 mediates anti-apoptotic signaling from hCG. Wortmannin, an inhibitor of phosphatidyl inositol 3 kinase (PI3K), blocked the anti-apoptotic effect of IGF-1 to restore the cisplatin-induced apoptosis. This indicates that specific phosphorylation signal is related to cisplatin-sensitivity / resistance of ovarian cancer. In conclusion, both the intrinsic disturbance of intracellular apoptosis signal including Bax and the presence of anti-apoptotic extrinsic factors such as IGF-1 may cause the resistance to chemotherapy in ovarian cancer. Consequently, to regulate apoptosis-related gene and to facilitate apoptosis by the methods including adenovirus-mediated gene therapy may be a hopeful strategy to overcome drug-resistance.

目次・巻号

日本産科婦人科學會雜誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

日本産科婦人科學會雜誌. 51 8の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10704444/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002202001.pdf 1798640 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。