国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

『パラーシャ』とツルゲーネフのミューズ

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
1843年,24歳のツルゲーネフは長編物語詩『パラーシャ』(5脚ямб,69節全921行)を刊行した。この作品はいわば「文壇デビュー」作であり,ベリンスキーがこの作品を社会性の観点から高く評価したことは周知のことである。しかしながら,ベリンスキーの論評によってあたかもすべて言い尽くされたかのように,この作品の深層に言及し,ツルゲーネフの創作活動の源流を明らかにする具体的な論議はこれまでおこなわれていない。ところで今日では,ベリンスキーの高い評価を予期せず,「喜びよりも当惑してしまった」というツルゲーネフの回想が事実に反することが論証されている。ツルゲーネフはベリンスキーから出版を勧められ,書評を自らが書くことさえ伝えられていた。ところが,刊行に対する熱意はうかがうことができない。逆にベリンスキーの書評が発表された直後,『パラーシャ』に対する強い嫌悪をツルゲーネフは書簡で語っている。その真意は?ベリンスキー以後『パラーシャ』評価の定説となっている〈詩才〉や〈作品の社会性〉とは違う,なにか別の意味合いがツルゲーネフにはあったのではないだろうか?作品に点在する語り手の〈過剰な感情移入〉はどのように読み解くべきなのか?それらのことを解明する手がかりとして,ツルゲーネフのいわゆる「プレムーヒノの恋」に注目した。(1)1841〜43年に書かれた21編の詩作品の内,半数の10編は連作とも言うべき恋愛抒情詩であり,そのすべてにタチヤーナ・バクーニナとの恋愛が反映していることはすでに論証されている。(2)『パラーシャ』に直情的に述べられている語り手の感慨や追憶は,上記の恋愛抒情詩,その中でも特に『パラーシャ』と同年に書かれた2編に込められている感慨や追憶と極めて近い。(3)ヒロインのパラーシャには,多くの点でタチヤーナ・バクーニナとの相似を見いだすことができる。i.田舎育ちの令嬢という環境。共に「誰かに恋をするよう」,また「人生の苦悩を味わうよう」運命づけられている。物悲しげな愁いを帯びた顔という外貌や,内に激しい情熱を秘める気質。ii.ツルゲーネフが女性の魅力とみなしていたと考えられる「眼とそのまなざしのすばらしさ」を共に重要な長所として備えている。このような点を考えあわせるならば,『パラーシャ』は一連の恋愛抒情詩と同列の作品であり,タチヤーナ・バクーニナがパラーシャのモデルである可能性が極めて高い。(4)以上のように判断するならば,語り手の〈過剰な感情移入〉はツルゲーネフ自身の実体験に基づくものと読み解くことができる。『パラーシャ』を「プレムーヒノの恋」との関連を基に読み直すことにより,ツルゲーネフにとっては〈社会性〉とは異質な,私的な恋愛抒情詩であるという新しい作品理解が得られた。

目次・巻号

ロシア語ロシア文学研究の書誌情報

簡易表示

詳細表示

ロシア語ロシア文学研究. 34の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10925073/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0001625329.pdf 140644 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。