国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

近代ロシア語動詞のアスペクト的対立 : 人間の基本的動作の諸相を表す動詞を中心に

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
動詞が,完了体と不完了体という二項対立のかたちではまだ認識されておらず,また,接頭辞の付加されない動詞の多くが,いわば「アスペクトに関して中立的に」用いられていた近代ロシア語に関しては,現代ロシア語のアスペクト対立の特徴,或いは動詞の「文法カテゴリー」としてのアスペクトを論じる際に挙げられる論拠は,必ずしも当てはまらない。本報告は,近代において生じた変化をもとに,アスペクトの文法カテゴリー化の過程を考察するための手掛かりを得ようとしたひとつの試みである。もともと,статьからはставатьが,сестьからはселатьが,лечьからは(必ず接頭辞を伴い)легатьが派生され,そして,17世紀に書かれたスラヴ語文法中では,статьとстоять, сестьとсилетьは,同一の動詞の時制のパラダイムの中で扱われていた。これらは何故,становиться-стать салиться-сесть, ложиться-лечь,という,形態的にも,またヴォイス体系の枠内においても変則的な対立に取って代わられたのだろうか。また,特にстать, лечьに関して言えば,習慣的に繰り返された行為を表すような-つまり現代ロシア語の完了体の特徴を当てはめられないような-用例が近代においても見受けられるのだが,これをどう把えたらいいのだろうか。これらの動詞に関しては,18世紀半ば,ロモノーソフが次のように記している:「多くの動詞は幾つかの自制をもたないが,そのようなときは意味の近い動詞からの借用時制をもっている。Сажусь,完了過去と完了未来として,古い動詞с〓лаюからс〓лъ,сялуを借用。Становлюから作られたстановлюсьの完了過去は,стоюからсталを借用(『ロシア語文法』§421,423)」。これが恐らく,これら補充法によるペアに関する最初の言及だろう。また,19世紀半ばにおけるПавскийの記述,それに反論する形でなされたПотебняの考察からは,ставать,селать,легатьに,多同体的なニュアンスが強く含まれていたことが窺われる。そして,стать,сесть,лечьから規則的に派生された動詞との対立が,変則的な対立に取って代わられたことは,近代において,多回体などを含み多項的になった動詞体系が,時制のパラダイムを考察する過程を経て二項対立的に整理されてきたことと関連しているのではないだろうか。そのような過程において,本来瞬間的な行為を表す完了体的なстать,сесть,лечьに対して,становиться,салиться,ложитьсяが,過程も表しうる不完了体として安定したアスヘクトペアを形成したことは,これらの形態的な特徴からの説明が可能である。

目次・巻号

ロシア語ロシア文学研究の書誌情報

簡易表示

詳細表示

ロシア語ロシア文学研究. 34の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10925078/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0001625334.pdf 131384 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。