国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

ロシア年代記の文献学的研究の方法について

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
本報告は,15世紀に成立した「ノヴゴロド・カラムジン年代記」の文献学的な研究の過程でぶつかった,年代記研究の方法にかかわる問題点を指摘し,その改善の方法を5項目にまとめて提案するものである。電子データーの利用によって,これまでにはない研究方法が可能になった現在,以下の新しい方法的な試みには意義があると確信する。提案1:年代記を全体として研究すること 一般に年代記は大部なために,論文の中で出典や編集の特定の傾向が検討されるときには選択的になされることが普通である。しかし,多くの場合選択された事例が年代記全体にとって「どの程度典型的であるか」について示されることはない。そのため,電子データーを利用した定量的な記述を行なったり,複層的な発表(提案5参照)によってテキストの全体を示すなど,年代記の全体像を効果的に,分かりやすく示す必要がある。提案2:テキストの編集磁位を細密にかつ構造的に分けること 「切り貼り」の要素の強いロシア年代記の編集プロセスを研究する基本作業として,記事の挿入,語句の改変・追加などによって発生し,何回もの編集によって複雑化している編集上の切れ口を,テキスト学的なあらゆる手段を用いて明らかにすべきである。その上で,切り出された編集単位をグループ化し,それぞれの単位の出典の考証を行うべきである。提案3:年代記編集の作業プロセスを再構成するような研究方法を目指す これまでの研究は,ごく限られた専門家のために書かれており,かなりテーマに通暁していないと年代記の成立をリアルに把握することは難しかった。研究の結論となる年代記の成立を分かりやすく理解できるようにするためにも,仮説のかたちであっても,できるだけ具体的に年代記編集のプロセスを復元するような記述を行うべきである。提案4:個別の編集作業のあらわれを全体的な編集意図との関わりで検討すること 年代記研究は細部の編集のあらわれを指摘する作業が中心となるが,ともすれば,個別の編集が全体を統括する編集意図によってなされていることが忘れられがちである。個別の編集プロセスの検討は全体的な編集意図を参照しながらなされるべきであり,同時に,個別の検討を集約することによって編集意図を再検討していくべきである。提案5:研究結果や出典テキストの提示の仕方を工夫し,系統図を効果的に使うこと 研究結果の理解のしやすさとレファレンスの便宜を考慮して,系統図・図表を積極的に用いるべきである。また,論文の他に,注釈をつけた原テキストをインターネットで別に公開するなど,複層的な研究発表の手段を考えるべきである。これによって,年代記研究の難解さはある程度解消されると考える。

目次・巻号

ロシア語ロシア文学研究の書誌情報

簡易表示

詳細表示

ロシア語ロシア文学研究. 34の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10925082/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0001625338.pdf 143326 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。