国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

探求の旅という想像力のかたち:アンドレイ・プラトーノフ『チェヴェングール』

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
作家アンドレイ・プラトーノフの長編『チェヴェングール』はゴーリキーが「好情風刺的」と評して以来,その暖昧な懐の深さを誇示するかのように,現在に至るまで実に多様な解釈を許している。本論では長編の主要テーマの一つ,探求の旅を検討することで,プラトーノフの作品が持つ暖昧さの形成過程と特色を追うことにする。孤児である主人公ドゥヴァーノフが,不和と分裂の蔓延する世界の中で人々を結びつける共産主義を求めつつ,自らの血縁を探すという本作品の探求のテーマは時代を反映したものでもある。ヒューマニズムの危機,世界の分裂状態という不完全な現状の認識から出発し,調和や再統合への探求に至るという想像力の枠組みは,ルカーチ,ベルジャーエフ,オルテガ,ブロークらの当時の言説に共通している。実際『チェヴェングール』のテクストでは,当時の現状認識を作品の世界観に反映させるかのように,скука/тоска/пустотаといったキーワードを多用することで,虚無の支配する不完全な世界を構成している。それは人物の精神と身体から世界の情景描写まで幅広く浸透することで,世界の虚無が抱える根源的な要素を示している。但し,本作品の虚無は同時に始まりのゼロ,運動を喚起し,世界を受け入れる用意のあるゼロでもあり,探求の旅を喚起する役割も担っている。こうして始まる探求の旅は,物語の前半部は蒸気機関車,後半部は馬或いは徒歩と移動手段を異にしており,各々が探求の旅の特質を決定している。まず,当時の蒸気機関噂は予定された未来へと直進する革命のエンブレムであった。一方,作品中の馬や徒歩はロシアの遍歴の伝統に連なりながら,暖昧な未来へとあてどもなく進む,過去と未来の時間軸が混在する運動形態を示唆している。それは同時に俯瞰的な視座から捉えられ,所定の目標へ結ぶだけの道(путь)から,眼前にあるものとして前景化された道(лорога)へ,探求の旅がたどる道の質的変容でもある。即ち『チェヴェングール』の探求の旅とは,先験的に分裂と統合を結びつけるに過ぎず,所定の目標との関係においてのみ価値を保っているような静的な道程と,探求の過程そのものが前景化され,生成すること自体の価値を有するような道程との闘争に他ならない。探求の結果の暖昧さはその格好の証左であろう。実際旅の目的であった共産主義は探求の進捗と共に意味内容の変遷を余儀なくされ,主人公と血縁を象徴する亡父との邂逅も一義的な統合ではない。このような過程の前景化は,当時の段階的発展史観や革命そのものの特性である過程の省略に鋭く対立し,永遠の旅とでも言うべき作品の構造を創造する。プラトーノフは同時代の言説の枠組みから出発しながら,その単純な二元論的図式を越えて,暖昧模糊とした探求の過程そのものを見据える視点を獲得しているのである。

目次・巻号

ロシア語ロシア文学研究の書誌情報

簡易表示

詳細表示

ロシア語ロシア文学研究. 34の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10925085/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0001625341.pdf 164152 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。