国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

ロシア語力点学習のためのCALLシステム

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
現在,科研で「高等教育改革に資するマルチメディアの高度利用」が進行中で,報告者もロシア語CALLシステムの作成でこれに参加している。ロシア語教育での難関としては,文字学習,名詞・形容詞等の格変化,動詞の体,力点の位置,構文論等があげられるが,文字,格変化,力点の学習等は,外的・形式的なもののため,コンピュータの利用が効果的な分野と考えられる。特に力点学習については,「比較的初歩のロシア語学習者にとって,第一の関門(格変化)突破はさして困難ではないようだが,第二の関門,即ちアクセントの関門を首尾よく突破できる学生は,ほんの一握りである。……これは教授法の欠陥に負うところが大きく……」(神山孝夫,「ロシア語アクセント研究」)初級の文法書や読本では予め力点表示がなされているが,中級以上になってロシアの出版物を教材に使うと,とたんに力点の問題でつまずくことになる。本研究では,修得に時間と手間のかかる力点学習を支援するシステムの構築をめざしている。力点学習では,大原則:「力点は,単語内の任意の音節を勝手に移動するのではなく,語幹と語尾の間を規則的に交代する」を先ず確認させる。ここで力点の位置を示す以下の記号を使う。A:語幹に固定したアクセントB:語尾に固定したアクセントC:語幹アクセントと語尾アクセントが交替(性・数によって位置が異なる)上記の記号を単数と複数で組み合わせ,実際のロシア語での出現と合わせるとAA,BB,AB,BA,AC,BC,CC,CA型が考えられるが,ここで事態を複雑にしているのは,以下の補足ルールがあるためである。ルール1:力点が語尾にあるはずだが,語尾が母音を含まないゼロ語尾の場合には,力点は語幹の最終音節に移動する(仮力点)。このゼロ語尾は通常,男性名詞では単数主(=対)格,中性と女性名詞では,硬変化の複数生(=対)格に現れる。ルール2:単数主格の力点が語尾で,複数になって力点が語幹に移るもの(BA,BC等)で,語幹が2音節以上のものに対しては,語幹の最終音節になるが,もしそこに出没母音が出現すれば一つ前に移動する。величин-а'/(複)величи'н-ы/величи'н-♯(BA型,複・生はゼロ語尾)ルール3:上記の場合でC型(女性単数対格で語幹,複数主格で語幹)は,語幹の力点は第一音節となる。例голов-а'/(単・対)го'лов-у/(複)го'лов-ы(CC型)現在力点学習CALLシステムとして作成しているのは,次の二つである。(1)上記の力点理論を,視覚的に分かりやすく説明するマルチメディア教材の作成。(2)任意のロシア語テキストに,自動的に力点を付加するプログラムの作成。その際,力点の位置に選択肢のあるものはそれらを指摘し,選択のためのヒントを与える。なお印刷テキストを電子データに換えるためにOCR(光学的文字認識)ソフトも利用。詳しくは平成13年度の、上記科研報告書,pp.225〜230を参照されたい。

目次・巻号

ロシア語ロシア文学研究の書誌情報

簡易表示

詳細表示

ロシア語ロシア文学研究. 34の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10925088/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0001625344.pdf 149312 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。