国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

国のかゞみ

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 国のかゞみ [133]
    • 標題
    • 目次
    • 天祖
    • 天壤無窮之神勅/1
    • 齋鏡之神勅/1
    • 神武天皇
    • 天業恢弘東遷之大詔/2
    • 我是日神子孫勅語/3
    • 即位建國ノ大詔/4
    • 天神郊祀之詔/5
    • 崇神天皇
    • 群臣ニ下シテ天下ヲ安ンスルノ詔/6
    • 祭神之詔/6
    • 四方教化ノ詔/7
    • 景行天皇
    • 熊襲平定ノ詔/7
    • 神功皇后
    • 西征之軍令/8
    • 仁徳天皇
    • 仁慈之大詔/9
    • 繼體天皇
    • 勸農桑ノ詔/11
    • 明治天皇
    • 開交ノ詔/12
    • 太政復古普告ノ詔/12
    • 五箇條ノ御誓文/13
    • 親王群臣奉對書/14
    • 億兆安撫國威宣布ノ御宸翰/15
    • 遷都ノ詔/18
    • 奧羽士民ニ諭告ノ詔/18
    • 明治改元之詔/20
    • 正義直諫之詔/21
    • 政治始ノ詔/22
    • 薩長土肥四藩版權奉還ノ上表/23
    • 毛利敬親島津久光ヲ召シ給フ詔/26
    • 會議御親裁ノ詔/27
    • 國是會議ノ詔/28
    • 輔相議定參與登庸ノ詔/28
    • 毛利中將敬親、島津中將久光、鍋島少將直大、山内少將豊範等ニ賜ヒシ詔勅/29
    • 淫雨被害農民救恤ノ詔/30
    • 刑律改撰ノ詔勅/30
    • 徳川慶喜、松下容保以下ヲ寛宥ニ處スル詔勅/31
    • 神靈鎭祭ノ詔勅/32
    • 參議廣澤直臣遭難ニ對シ下シ給ヒシ詔/33
    • 未ダ割據セル各藩ヘ下シ給ヒシ詔/33
    • 服制更正ノ勅諭/34
    • 神器ト皇靈奉安ノ詔/35
    • 華族ニ給ヒシ詔/35
    • 鐵道首線開通ノ詔/37
    • 徴兵ノ詔/38
    • 皇居御造る築ニ付太政大臣三條實美ヘ給ヒシ勅諭/39
    • 人民誘導ノ諸議府縣知事令參事へ勅諭/39
    • 租税法改正ノ詔/40
    • 宮廷ノ用度ヲ減ジ軍資ニ充ツル詔/41
    • 地方長官召集ノ詔/41
    • 立憲政體設立ノ詔/42
    • 地方長官會議始ノ詔/43
    • 憲法草案ヲ命シ給フ詔/44
    • 大阪臨時病院ニ臨御ノ際同院長石黒忠悳ニ賜ハリシ勅語/44
    • 醫學部開業ニ際シテノ詔/44
    • 地方長次官へ奬勵ノ勅諭/45
    • 明治廿三年ヲ期シ國會開設ノ詔勅/47
    • 軍人勅諭/48
    • 參議伊藤博文ヲ歐洲ニ派遣セラルルノ勅詔/59
    • 五爵ヲ叙テ有禮ヲ秩スノ詔/59
    • 政府組織大改革ノ詔/60
    • 防海費補助ノ勅諭/61
    • 皇室典範及憲法ノ條ヲ樞密院ニ諮詢シ玉フ勅諭/62
    • 皇室典範制定ノ詔勅/63
    • 憲法發布ノ勅語/63
    • 憲法發布ノ告文/66
    • 金鵄勳章創設ノ詔勅/68
    • 教育勅語/68
    • 文部大臣芳川顯正卿ノ訓示/70
    • 第一帝國議會開院式ノ勅語/71
    • 貴族院ノ奉答/72
    • 衆議院ノ奉答/73
    • 樞密院議長伊藤博文辭職ニ對シ賜ハリタル勅諭/73
    • 教育勅語ニ對スル各地方長官ノ奉答/74
    • 帝國議會各員ニ下シ給フ詔/74
    • 日清宣戰詔勅/77
    • 義勇兵ニ關スル詔勅/80
    • 清國媾和使遭難ニ對シ警衛スヘキノ詔勅/81
    • 清國ト媾和ニ際シ將來ノ所嚮ヲ明ニシ給フ勅語/82
    • 遼東半島還附ノ詔/86
    • 帝國陸海軍人へ下シ賜ヒシ詔/88
    • 改訂條約實施ニツキ戒飾ノ詔勅/90
    • 露國ニ對スル宣戰ノ詔勅/91
    • 平和克復ニ付臣民一般へ賜ハリシ詔勅/94
    • 新附國民愛撫ニ關スル詔勅/101
    • 韓國皇帝陛下ノ宣旨/102
    • 窮民へ施藥救療ニ關スル詔書/103
    • 大正天皇
    • 即位ノ詔勅/104
    • 大震災直後ノ詔勅/105
    • 興國ノ詔/109
    • 今上天皇
    • 朝見式ノ詔/111
    • 明治節制定ノ詔書/114
    • 大日本帝國憲法/115
    • 明治天皇御製
    • 神祗/135
    • 祭/142
    • 道/144
    • 誠/146
    • 文/148
    • 歌/152
    • 政務/154
    • 仁慈/156
    • 述懷/160
    • 折に觸れて/165
    • 教訓/174
    • 教育/190
    • 旅中情/194
    • 專修/196
    • 老/198
    • 親/201
    • 農家/202
    • 民/205
    • 船/210
    • 國/211
    • 億兆一心/216
    • 司人/218
    • 忠臣/219
    • 戰陣/220
    • 軍人/226
    • 大和心/229

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1111584/30

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。