国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

  後の巻号

明朝紫硯. 巻上

コマ番号
/23

解題/抄録

明朝紫硯 巻上-中の解題/抄録
2巻2冊 延享3(1746)刊 合羽摺り 大岡春ト摸(序末「延享三年丙寅夏五月中浣法眼春ト一翁摸」 中巻末「延享三丙寅歳夏四月上旬/法眼春ト一翁圖寫」) 刷題簽(17.7×2.7cm)「明朝紫硯」 柱刻題「明朝生動畫園」 扉題「生動」 序題「生動畫園」 中巻末刊記「延享三丙寅歳夏四月上旬/法眼春ト一翁圖寫/彫刻 村上源右衛門/下巻一冊 嗣出 江都書肆 西村源六/浪華書肆 澁川清右衛門/同 松村九兵衛/同大野木理兵衛」 龍形朱摺印「大岡/甫政/蔵版」 大きさ27.0×18.0cm 四針袋綴 背天地小豆色花布 黄土色地表紙 料紙楮紙(綿紙風) 喉下方に丁数 上巻20丁18図 中巻20丁18図 印記「月明荘」「青裳」
 大坂の画家大岡春ト(1680-1763)が作製した我が国最初の色摺り画譜である。延享3年(1746)に大坂の書肆渋川清右衛門等により刊行された。自序には中国書をもとに文徴明、東郭克弘、戴文進、丁玉川、朱銓文衡、王維烈、の明朝6人の画家の作品を摸刻したと書かれている。画中に漢詩が添えられ、作者名と朱の落款が付されている。本書は印刷に木版摺りと合羽摺りおよび手彩色が併用されており、合羽摺りの嚆矢として、日本版画史上貴重な資料である。現存する『明朝紫硯』のほとんどは後年文化10年(1813)京都の書肆菱屋孫兵衛より刊行された後版で、延享3年版は稀である。当館本と同版は大英博物館 にある。この当館本は、大英博物館本と刊記、表紙の色、本の大きさ、合羽摺りの様子、匡郭の印刷状態等がぼぼ一致することから、同時期の製作と思われる。ただし両本ともに、匡郭に滲みがあり、版面に汚れが見られる。ちなみに未見であり詳細は未詳だが、相見香雨 (1874-1970)氏旧蔵本1冊(中巻のみ)は、延享3年の刊記があり、版元に渋川清右衛門と大野木理兵衛の2名のみが刻されるもので、かつ摺りが非常に美しいと記されている(『相見香雨集』1984年刊)ことからそれが初版本に当たるのではなかろうか。当館本、大英博物館本ともに上中2冊。延享3年版の下巻は知られていない。

明朝紫硯 巻上-中の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツ情報

フィルム番号
18-003

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1286870/16