国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

職人尽絵詞

情報
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
絵巻(摸本)。鍬形蕙斎(北尾政美)原画・山東京伝ほか3名詞書。3巻。
原本は東京国立博物館所蔵『近世職人尽絵詞』、鍬形蕙斎(くわがたけいさい)画、上巻杏花園(きょうかえん 幕臣大田南畝)・中巻手柄岡持(てがらのおかもち 秋田藩士平沢平格)・下巻山東京伝(戯作者)詞書、松平定信(「楽亭文庫」の印記)旧蔵。100種を超える当代諸職の姿を軽妙に描きながら、背後に中世以前から伝わる「職人歌合」・「職人尽絵」などを踏まえ(大高・小島・大久保、2017.2)、伝統との融和を果たしている。
掲出本は、恐らく明治期に入って和田音五郎が上記を摸写したもの(明治44.12、45.2、45.3に購求のゴム印あり)で、こちらも巻子本3巻に仕立てられ(「大正1・11・11製本」のゴム印あり)、外題「職人盡繪詞」、詞書作者は「一」が「山東京伝カ」、「二」が「杏花園」、「三」が「手柄岡持」とあるが、巻の順序は東博本が正しい(朝倉、1980.6)。
和田の模写はきわめて正確で、ごく稀に線や詞書の写し落としがあるものの、原本に残る下絵の線までも謹直に写し取っている。加えて掲出本の価値は、各巻表紙見返し(巻子装の際に表紙として継ぎ足され、開くと絵に先立って見える箇所)の下部に、上述した「原画」・「詞書」・「摸写」担当者と共に、「細目」として各画面に描かれた職種や行事の内容を、具体的に墨書(あるいはペン書きか)した紙が貼り付けられていることである。ここには本絵巻の理解にとって有用な情報が多く含まれている。(大高洋司)(2018.2)
(参考文献)『江戸職人づくし』(双書美術の泉46)、朝倉治彦解説、岩崎美術社、1980.6
『鍬形蕙斎画近世職人尽絵詞 江戸の職人と風俗を読み解く』、大高洋司・小島道裕・大久保純一編、勉誠出版、2017.2

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。

機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。