国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

くまのゝほんち

解題

書誌の解題
 〔寛永末~正保頃(一七世紀前半)〕刊 丹緑本 書名は上巻内題による 版心「ほんち上(中下)」 刊記なし 3巻3冊 全76丁(巻上37丁 巻中16丁 巻下23丁) 大きさ27.4×17.8cm 四針袋綴 改装栗皮色表紙 本文料紙楮 四周単辺 匡郭内約21.3×15.2cm 無界 半葉11行22~24字 平仮名漢字混り 挿絵63図(上巻20図 中巻13図 下巻30図)
 第1冊遊紙に墨書「元禄九丙子年正月廿七日/江州蒲生郡/八幡山仲屋町上/道川弥太郎」 印記なし
 御伽草子「熊野の本地」は「ごすいでん」ともいわれ、熊野権現の由来の物語である。奈良絵本と版本とがあるが、本書は版本に彩色を施した丹緑本である。下巻末には連続18図にわたる挿絵があり、熊野の山々や神社仏閣が朱、緑、黄、紫に彩られ、圧巻である。
 丹緑本とは、墨摺りの絵入版本に、朱(鉛丹)と緑(岩緑青)を主として彩色を施したことからの呼称である。寛永から万治頃にかけて京の書肆で販売されたといわれているが、その起源、制作方法など未詳の点が多い。
 版本『くまのゝほんち』には刊年が記載されないが、当館蔵丹緑本正保3年(1646)刊『曽我物語』(請求記号 寄別13-27)と本の大きさ、版式、書風、画風などが似ていることから、寛永末から正保頃の刊行であろう。掲出本には元禄9(1696)年の墨書があり、印刷時期はそれ以前である。印刷時に彩色されたたと思われる。数回の補修が施されており、そのため朱と緑の色がやや薄れているものの、落丁はなく完全本である。
 この版本『くまのゝほんち』にはさらに版面の摩滅した後刷り本(3巻3冊)があるが、調査した範囲では後刷本の方はみな無彩色である。
 同種本は国内では、天理図書館本、黒船館本、日本民芸館本、上田市立図書館花月文庫本(端本)、国外ではニューヨーク公共図書館のスペンサー・コレクション本が確認される。料紙、摺刷状態、彩色数、筆法、褪色の度合などに大差はなく、同時期に製作されたと考えられる。 

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。