国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

  前の資料   後の資料

十二月ノ内 重陽後の月宴

解題/抄録

[豊國十二ヶ月]の解題/抄録
このシリーズは、歌川豊国(三代1786-1864)が、江戸の年中行事や風俗などを十二ヶ月に当てて描いた3枚続きの美人画12組から成る。歌川派を象徴する「年玉」印の黒い枠内に題名が書かれ、版元は蔦屋吉蔵で、嘉永7(1854)年4月と6月に出版許可の改印を受けている。三代豊国は初代歌川豊国の門人で、はじめ国貞と号し、弘化元年(1844)から豊国を名乗っている。美人画・役者絵の名手であり、画歴も長く、大勢の門人を擁した。
書誌の解題/抄録
画題:十二月ノ内・重陽・後の月宴
画工名:歌川豊国(3代)
落款:豊國画(年玉枠)
改印:「寅四」「改」(嘉永7年4月改)
判・種類:大判、錦絵、3枚続
種類:美人画、風俗画
版元:(富士山形に蔦に星)(蔦屋吉蔵)
解説:黒の年玉枠内に「十二月ノ内」と題する美人画揃物の一図。「重陽」は陽の極まった「九」が重なる九月九日を指し、この日に行う「重陽の節供」「菊の節供」のことだが、ここでは九月を意味する。「後の月」は、八月の十五夜に対して、九月の十三夜。豊国はぐっと趣向を変えて、人形浄瑠璃、近松半二作「お染久松/新版歌祭文」の「野崎村の段」を描く。野崎村の百姓久作の家では、娘おみつが病母の世話やら義父の膳部やら孝行尽くす。折しも大坂の油屋で丁稚奉公している久松が、屋敷方から受け取った金を悪者に騙り取られ、暇を出されて養父久作の許へ帰ってくる。久作は苦労して貯めた冥加銀を悪者に与えて帰し、久松とおみつに祝言させようとする。おみつがいそいそする所へ、久松と恋仲で添えねば心中と約束した主家の娘お染が、供のおよしを連れて久松の後を追ってくる。久作が久松を連れて現れ、おみつに灸を頼む。久松は頭痛肩凝りを訴える久作の肩を揉み、お染に気づき「覗くな、折りが悪い」と目顔で知らせる。豊国の作品は縁先で灸を据える場面で、中図には線香を持ったまま苦悩するおみつ、右図には三里に灸を据えさせている久作と肩を揉む久松、左図にはお髙僧頭巾を被り下女を連れて門口に訪れたお染。おみつ、久松、お染の人形は、肩衣を着けた三人の美人が、久作の人形は黒衣(くろこ)がそれぞれ一人遣で描かれる。(木村八重子)
所収資料名:『[豊國十二ヶ月]』(請求記号:寄別2-8-1-6)
他に『錦絵帖』(請求記号:寄別2-8-2-7)

[豊國十二ヶ月]の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

1 - 3 / 3
  •  
  •  
  • 1
  •  
  •  
3 3 2 2 1 1
3 2 1
  •  
  •  
  • 1
  •  
  •