国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

  前の資料   後の資料

十二月ノ内 霜月酉のまち

解題/抄録

[豊國十二ヶ月]の解題/抄録
このシリーズは、歌川豊国(三代1786-1864)が、江戸の年中行事や風俗などを十二ヶ月に当てて描いた3枚続きの美人画12組から成る。歌川派を象徴する「年玉」印の黒い枠内に題名が書かれ、版元は蔦屋吉蔵で、嘉永7(1854)年4月と6月に出版許可の改印を受けている。三代豊国は初代歌川豊国の門人で、はじめ国貞と号し、弘化元年(1844)から豊国を名乗っている。美人画・役者絵の名手であり、画歴も長く、大勢の門人を擁した。
書誌の解題/抄録
画題:十二月ノ内・霜月・酉のまち
画工名:歌川豊国(3代)
落款:豊國画(年玉枠)
改印:「寅六」「改」(嘉永7年6月改)
判・種類:大判、錦絵、3枚続
種類:美人画、風俗画
版元:(富士山形に蔦に星)(蔦屋吉蔵)
解説:黒の年玉枠内に「十二月ノ内」と題する美人画揃物の一図。「酉のまち」は「酉の市」「お酉様」とも呼ばれ、陰暦十一月の酉の日を祭日とする鷲(おおとり)神社の祭礼で、その日に立つ市が賑わい現在も行われている年中行事。例年は「一の酉」「二の酉」だが、年によって「三の酉」まであり、その年は火事が多いとされている。古くから行われたのは花又村の鷲大明神で江戸の他地域にも広まり、後には下谷浅草田圃の日蓮宗長国寺や浅草鳥越神社が有名になる。三代豊国のこの絵は、背景に見える天水桶のある家並みが吉原なので、下谷浅草田圃とみてよいであろう。右図の美人は煙管(きせる)の筒を帯に挟み、懐手をして、買い求めた縁起物の大きな熊手は丁稚に持たせて歩む。行き交うのは少女を連れた二美人か、防寒用のお高祖頭巾を着用し、左図の美人はこの市で名物の「唐の芋」を下げている。中図の美人が手拭でぶら下げているのは「黍もろこしの切餅」かもしれない。葭簀(よしず)を立てかけた水茶屋もあり、少女が何か飲んで行きたいとねだるが「もう帰るのよ」とでも言っている場面が想像される。少女の前髪にも、熊手におかめの面の付いた簪がさしてある。(木村八重子)
所収資料名:『[豊國十二ヶ月]』(請求記号:寄別2-8-1-6)
他に『錦絵帖』(請求記号:寄別2-8-2-7)、『風俗吾妻錦絵』(請求記号:寄別1-9-1-2)

[豊國十二ヶ月]の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

1 - 3 / 3
  •  
  •  
  • 1
  •  
  •  
3 3 2 2 1 1
3 2 1
  •  
  •  
  • 1
  •  
  •