国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

  前の資料   後の資料

東海道五拾三次 川崎・六郷渡舟

解題

東海道五拾三次の解題
このシリーズは、歌川広重(初代1797-1858)が、江戸日本橋から京三条大橋にいたる「東海道五拾三次」の各宿駅に当てて描いた名所・風景・風俗絵の大錦横判55枚揃いから成る。これ以前にも「東海道五十三次」は描かれたが、大判横という大きさで全55枚完結したのは、このシリーズが最初である。作品群としても最も優れ、「保永堂版」と呼ばれ有名である。着手は落款から天保4年頃とみられ、完成は序文の年記により天保5年と考えられてきたが、55枚を2冊の画帖に仕立てた下冊の奥付広告の末に、主たる版元保永堂が本宅とは別に売場を記し、その売場新設の時期は他資料から天保7年正月と考えられることから天保6年末頃と推定できる。従来説より2年ほど遅いこの説を提示したのが、岩波書店刊『保永堂版 広重東海道五拾三次』(2004年刊)である。全55枚は、寛政9年刊『東海道名所図会』ほかの資料を多用するが、構図や譜彩に画才をあらわし、続絵としての全体の枠組みや変化も考えぬかれ、見る人を「道中ゆきかいぶり」に加わって東海道を旅する心地に誘う。当時、浮世絵にも使用可能となった「ベロ」と呼ぶ西洋の「青」を多用し、必ずしも名所に拘泥せず、風景画としての質を高めたと思われる。(木村八重子)
書誌の解題
画題:東海道五拾三次之内 川崎 六郷渡舟
画工名:歌川広重
落款:廣重画
改印:なし
判・種類:大判、錦絵、横一枚
種類 : 名所絵、風俗画
版元:「僊隺堂・保永堂」(鶴屋喜右衛門・竹内孫八)
解説:六郷川を渡って川崎宿を目指す渡舟を近景に描く。右方に真白い富士を見せ、疎林に紅の霞を引いて、どこか晴朗な冬景色の趣である。対岸の、荷馬の手綱を取る馬子や赤合羽の男たちや女客を乗せた駕籠などの一団は皆こちらを向いているので、帰りの舟を待つ乗客たちであろう。その向こうに見える小屋は川会所と思われる。
この図で最も興味深いことは、渡舟の客たちを、広重が『続膝栗毛』4編(十返舎一九作画、文化10年(1813)刊)の口絵「道中ゆきかいふり」から借用していることである。同じ『膝栗毛』でも「東海道」ではなく「木曾街道」であり、この軽妙な略画の口絵は初版本にしかないので気づかれ難く、鈴木重三氏が発見し、『保永堂版 広重 東海道五拾三次』(岩波書店、2004刊)にその経緯を発表したのが初めてである。ただし、この略画は一九の創作ではなく『文鳳麁画』からの転用であることが、二又淳氏の論文によって明らかにされている。つまり『文鳳麁画』→『続膝栗毛』4編口絵→広重『海道五拾三次』と応用され、このシリーズ全体の成立にも大きく関係しているのである。
本館の蔵品は保存状況は劣るが、版はなかなかしっかりしている。なお、この図にも富士の輪郭線を消し、樹木の形を変え、人物にも変更を加えた変わり図がある。(木村八重子)
参考資料:『保永堂版 広重 東海道五拾三次』(鈴木重三等著、岩波書店、2004刊)「『続膝栗毛』と文鳳絵本」(近世文芸―研究と資料、59号、2000.11)
所収資料名 : 『東海道五拾三次』(請求記号:寄別 2-2-1-6)

目次・巻号

東海道五拾三次の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツ情報

フィルム番号
IPA60

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1309887/1