国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

  前の資料   後の資料

皇都祇園祭礼四條河原之涼

解題/抄録

書誌の解題/抄録
京都の祇園祭の夜景を描いた「皇都祇園祭禮四條河原之涼」の図は、貞秀の傑作のひとつと言われている。無数の灯りの下、鴨の河原に涼み床を並べ、様々な人々が茶屋や見世物で夏の宵を遊び楽しんでいる。四条大橋の上では祇園の社から御旅所に向かう神輿と、群衆がひしめく。手前には「三條ノ小鍛冶作長刀」と由緒標記を画中に付した疫病邪鬼をはらう長刀鉾や、新月の鉾頭の月鉾が聳えている。背景には比叡山や、大文字の如意ヶ岳をはじめとする東山の連峰が描かれ、南は五条、北は遙か大原の里までパノラマのごとく眼下に広がる。寺院や地名も記されており、都の名所ガイドも兼ねる華やかで賑やかな錦絵である。早期の摺りで、構図、色調ともに優れ、赤い提灯と川面の青、緑の山膚が映え合って美しい。各図の下方に「五雲亭貞秀画」の落款と、「小泉彫兼」あるいは「彫兼」の彫師銘がある。「藤慶」は版元藤岡屋慶次郎の商標印、「未弐改」は安政六年己未歳三月の改印(検印)である。
 貞秀(1807~83?)は、歌川国貞(三代豊国)の門人で、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師である。文化四年、下総国に生まれた。本名橋本兼次郎。五雲亭、玉蘭斎などとも号した。役者絵や美人画も描いたが、このような鳥瞰図に地図的要素をミックスした細密な錦絵や、外国の風俗を題材としたいわゆる「横浜浮世絵」の名手として知られている。数多くの作品を残すものの、没年をはじめとしてその生涯については未詳の部分が多い。
 おなじ貞秀がほぼ同時期に描いた「東都両国ばし夏景色」、「浪速天満祭」とともに帖装本に仕立てられており、表紙には「三都涼之図」と後人による墨書の題簽が貼付されている。

三都涼之図の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

1 - 3 / 3
  •  
  •  
  • 1
  •  
  •  
3 3 2 2 1 1
3 2 1
  •  
  •  
  • 1
  •  
  •