国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

朝日ジャーナル. 11(36)(552)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 朝日ジャーナル
    • 1950~1959 (42)
    • 1960~1969 (528)
      • 1960 (52)
        • 2(1)(43) [57]
        • 2(2)(44) [45]
        • 2(3)(45) [45]
        • 2(4)(46) [45]
        • 2(5)(47) [45]
        • 2(6)(48) [45]
        • 2(7)(49) [45]
        • 2(8)(50) [45]
        • 2(9)(51) [45]
        • 2(10)(52) [45]
        • 2(11)(53) [57]
        • 2(12)(54) [45]
        • 2(13)(55) [45]
        • 2(14)(56) [45]
        • 2(15)(57) [45]
        • 2(16)(58) [45]
        • 2(17)(59) [45]
          • ワシントン / 茂木政/4
          • リスボン / 牟田口義郎/5
          • モスクワ / 秦正流/6
          • 労働運動の一転機(対談) / 岩井章 ; 和田春生/8
          • あすのニュース //13
          • もう一つの沖縄 / 富田祐行/16
          • 鑑賞席 幸四郎の盛綱陣屋 / 戸板康二/22
          • 人間面接 山田無文師 / 堀川直義/26
          • 1 内部調整に悩む西側諸国 //28
          • 2 人権か南北戦争か //29
          • 3 消費者金融の得失 //31
          • 4 妙案のない地価対策 //32
          • 5 河野構想の休日倍増案 //34
          • 新聞を読む前に 注目あびる中印首相会談 //36
          • 東から西から //35
          • 時のことば //37
          • 経済インタビュー 自由化・通産省は主張する / 上野幸七/38
          • 旅情 コロラドの流れ / 西井克己/42
          • 羽田通信 感謝された医療団 / 西岡重子 ; 杉森みど里/47
          • 文化ジャーナル //48
          • 東京日記 国家主義のその後 / 加藤周一/58
          • ここに生きる バイオリン作り50年 / 浜田哲/60
          • 「日本の中小企業」 / 山中篤太郎/67
          • 「朝鮮民族解放闘争史」 / 信夫清三郎/68
          • ソ連の読書界 //69
          • 評伝・沈石田(上) / 吉川幸次郎/70
          • 海外ジャーナル //76
          • 第七地下壕(2) / モルデカイ・ロシュワルト ; 龍口直太郎 ; 真鍋博/78
        • 2(18)(60) [45]
        • 2(19)(61) [45]
        • 2(20)(62) [57]
        • 2(21)(63) [45]
        • 2(22)(64) [45]
        • 2(23)(65) [45]
        • 2(24)(66) [45]
        • 2(25)(67) [45]
        • 2(26)(68) [57]
        • 2(27)(69) [45]
        • 2(28)(70) [45]
        • 2(29)(71) [45]
        • 2(30)(72) [50]
        • 2(31)(73) [45]
        • 2(32)(74) [45]
        • 2(33)(75) [57]
        • 2(34)(76) [45]
        • 2(35)(77) [45]
        • 2(36)(78) [45]
        • 2(37)(79) [45]
        • 2(38)(80) [45]
        • 2(39)(81) [48]
        • 2(40)(82) [45]
          • ニューヨーク / 河村欣二/4
          • カンパラ / 萩森健一/5
          • ニューデリー / 秋岡家栄/6
          • 国連と国際世論 / 小幡操/8
          • 交通地獄は解消できる / 清水馨八郎/14
          • あすのニュース //19
          • 鑑賞席 現代音楽祭 / 中島健蔵/22
          • 人間面接 小野秀雄氏 / 堀川直義/26
          • 選挙というもの(1)投票率日本一 //28
          • 文化ジャーナル //32
          • 旅情 東洋の庭園都市(セイロン) / 三木淳/42
          • 羽田通信 欧米の生命保険 / 木本尚一/47
          • 「マルクスと現代」 / 美濃部亮吉/48
          • 「近代人の疎外」 / 大島康正/49
          • 「悪文」 / 大野晋/50
          • 「起ちあがったチベットの農奴」 / 岩村三千夫/51
          • 経済インタビュー豚肉値上がりの背景 / 福田紀重/58
          • ここに生きる ムラージュづくり / 稲垣一郎/60
          • 「牛頭馬肉」騒ぎに異議あり / 秋山節義 ; 宇佐美承/67
          • 海外ジャーナル //70
          • ちょっと一服 ついこの間のこと / 高見順/72
          • 1 役者のそろった国連総会 //74
          • 2 ビルマ賠償の再検討 //75
          • 3 広がる海外支店網 //76
          • 4 ベルリンに新しい緊張 //78
          • 5 過剰在庫と新政策 //80
          • 東から西から //77
          • 新聞を読む前に 日本弁護士連合会 //82
          • 時のことば //83
          • 海鳴りの底から(3) / 堀田善衛 ; 駒井哲郎/52
        • 2(41)(83) [57]
        • 2(42)(84) [45]
        • 2(44)(86) [45]
        • 2(43)(85) [45]
        • 2(45)(87) [45]
        • 2(46)(88) [45]
          • ベルリン / 青木利夫/4
          • モスクワ / 秦正流/5
          • 総選挙と三党の外交政策――NHK・テレビ討論 / 小坂善太郎 ; 勝間田清一 ; 西村栄一/6
          • ちょっと一服 美の商人 / 高見順/16
          • 欧州・ソ連紀行(2)芳草地 / 吉川幸次郎/18
          • 鑑賞席 事務所のショールーム化 / 勝見勝/22
          • 人間面接 岩淵悦太郎氏 / 堀川直義/26
          • 海外ジャーナル //28
          • 経済インタビュー 自由化控えた大豆 / 平野清/30
          • 文化ジャーナル //32
          • 旅情 リルケの墓を訪ねて(南スイス) / 河原忠彦/42
          • 羽田通信 チェロの海外演奏 / 堤剛/47
          • 本・批評と紹介 書物の周辺・社会保障の問題点 / 久保まち子/48
          • 「榎本武揚」 / 奈良本辰也/50
          • 「新しい化学・これからの世界」 / 星野芳郎/51
          • ここに生きる 別府の〝引き番〟 / 小川保雄/62
          • アメリカの労組の新しい動き / 大河内一男/67
          • 1 少年犯の処遇,行刑の問題 //74
          • 2 アメリカの〝威信〟論争 //75
          • 3 続発する病院スト //76
          • 4 変わらぬ中国の理論 //78
          • 5 ドゴールに左右の圧力 //80
          • 東から西から //77
          • あすのニュース //79
          • 新聞を読む前に 最高裁裁判官の国民審査 //82
          • 時のことば //83
          • 海鳴りの底から(9) / 堀田善衛 ; 駒井哲郎/54
        • 2(47)(89) [47]
        • 2(48)(90) [45]
        • 2(49)(91) [57]
        • 2(50)(92) [46]
        • 2(51)(93) [45]
        • 2(52)(94) [45]
      • 1961 (53)
      • 1962 (52)
      • 1963 (53)
      • 1964 (52)
      • 1965 (53)
      • 1966 (53)
      • 1967 (54)
      • 1968 (54)
      • 1969 (52)
    • 1970~1979 (523)
    • 1980~1989 (225)

朝日ジャーナルの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1724964/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。