国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

朝日ジャーナル. 18(4)(885)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 朝日ジャーナル
    • 1950~1959 (42)
    • 1960~1969 (528)
    • 1970~1979 (523)
      • 1970 (51)
      • 1971 (49)
      • 1972 (54)
      • 1973 (52)
      • 1974 (52)
      • 1975 (56)
      • 1976 (53)
        • 18(1)(882) [65]
        • 18(2)(883) [53]
        • 18(3)(884) [61]
        • 18(4)(885) [53]
          • 「暴力の時代」の思想と行動 / 秋山清/p4
          • 《資料》新左翼セクト系統図ほか //5
          • <蒼ざめた仔馬>を見よ(ルポ) / 井川一久 ; 小川特明 ; 土井正行/p18
          • 内側からみた日共′50年代武装闘争(回顧対談) / 長谷川浩 ; 由井誓/p24
          • テロリストたちの内在的な<徳>--新右翼の立場から / 鈴木邦男/p29
          • アメリカは次の戦争に勝てるか / Drew Middleton ; 朝日 新聞 外報部/p34
          • 不気味な予測で暴く「緊張緩和」の虚像 / 篠原宏/p40
          • 自由な百姓 農機具は機械か / 木塚昌宏/42
          • 学校をひらく 暗い十五の春 / 榊/44
          • ゴヤ(4)-3-フェルナンド7世・査問・粛清 / 堀田善衛/p45
          • 京のちゃあと-3-庭--低俗に堕した小宇宙 / 吉田光邦/p51
          • 新しい「知識人」への苦渋の模索--サルトルほか「反逆は正しい」(思想と潮流) / 渡辺一民/p59
          • 「社会科学とは何か」 / 岡地勝二/62
          • 「オープン・マリッジ」 / 石川弘義/63
          • 「ええカッコしの無限地獄」 / 山本明/64
          • 「証言記録 従軍慰安婦・看護婦」 / 澤地久枝/66
          • 「俳諧歳時記」 / 山本安英/62
          • 〈談話室〉 / 六星/67
          • 〈洋書のしおり〉デビッド・マクレラン「カール・マルクス」 / H/68
          • 文化ジャーナル //70
          • 派兵 第4部(13) / 高橋治/75
          • 《女が斬る》榎美沙子 / 小沢遼子 ; 桐島洋子/80
          • 寒村茶話 祇園,野暮天の感傷 / 荒畑寒村/84
          • 事故続発のコンビナート列島 //86
          • コンコルド初就航の波紋 //88
          • 海外ジャーナル //90
          • 曲がり角を回った国際通貨体制--「ジャマイカ合意」後を展望する / 籏野寿雄/p92
          • 風声 / 伊藤みえ子/40
          • 読者から //98
          • 表紙のことば / 酒井忠臣/102
        • 18(5)(886) [53]
        • 18(6)(887) [61]
        • 18(7)(888) [53]
        • 18(8)(889) [59]
        • 18(9)(890) [53]
        • 18(10)(891) [61]
        • 18(11)(892) [53]
        • 18(12)(893) [65]
        • 18(13)(894) [53]
        • 18(14)(895) [61]
        • 18(15)(896) [53]
        • 18(16)(897) [53]
        • 18(17)(898) [53]
        • 18(18)(899) [53]
        • 18(19)(900) [53]
        • 18(20)(901) [53]
        • 18(21)(902) [53]
        • 18(22)(903) [61]
        • 18(23)(904) [53]
        • 18(24)(905) [65]
        • 18(25)(906) [53]
        • 18(26)(907) [53]
        • 18(27)(908) [65]
        • 18(28)(909) [53]
        • 18(29)(910) [61]
        • 18(30)(911) [53]
        • 18(31)(912) [67]
        • 18(32)(913) [53]
        • 18(33)(914) [69]
        • 18(34)(915) [43]
        • 18(35)(916) [65]
          • 角栄倒るとも「田中政治」は死なず--8・17-「黒幕」への再出発 / 朝日 ジャ-ナル 編集部/p4
          • ロッキ-ド・ポワロの事件簿 / 角間隆/p8
          • 白昼堂々-日韓腐敗構造の軌跡-1-黒い霧の原型は12年前の二千万ドル援助 / 中川信夫/p18
          • ロッキード事件日誌 //5
          • 余白のあるカンヴァス--グリニッチ・ヴィレッジの青春-2-16歳 / リラン 池田/p24
          • 文化ジャーナル //30
          • 学校をひらく 新教科学点検 続・算数 / 岡/35
          • プロメテウス・クライシス(15) / スコーシア ; ロビンソン/36
          • 中世を教科書的概念から解放--唐木順三「あづまみちのく」「続あづまみちのく」(思想と潮流) / 竹西寛子/p43
          • 「アジア人との出会い」 / 戴国煇/46
          • 「奴隷制とアメリカ浪漫派」 / 清水知久/47
          • 「神を信ぜず-BC級戦犯の墓碑銘」 / 中山敏雄/48
          • 「思い出す人びと」 / 川合貞吉/49
          • 「珍獣図鑑」 / 今泉吉典/51
          • 〈談話室〉 / 六星/52
          • 〈洋書のしおり〉 / 迷/53
          • ゴヤ(4)-31-1823~24年 反動・弾圧・迫害 / 堀田善衛/p55
          • 宝塚-3-メルヘン / 田村紀雄/p61
          • 日本語攷 自国語についての自然な自信 木下順二(7) / 木下順二/67
          • 方言に哭いた少年時代 / 青木茂夫/p69
          • 英語教育の中で考えること / 秋山敏/p72
          • 国語がダメだから英語もできない / 河津昌樹/p75
          • ビルマの少年がつきつけた問い / 草薙正典/p77
          • 故郷喪失者(ハイマ-トロ-ゼン)の嘆き / 黒羽幸司/p81
          • 「崩れる日本語」にかけたい / さとうあきみち/p85
          • 妻と夫の片隅の会話 / 佐藤東子/p88
          • ことばが有機性を回復する道 / 志田次郎/p91
          • 戦後国語改革は第2の排仏棄釈 / 高倉忠博/p95
          • 英語は日本語の部分である / 田村明人/p99
          • 沖縄方言(ウチナ-グチ)を愛する私の言語生活史 / 津嘉山政栄/p103
          • 「現代国語」は教室で異邦か / 西原和美/p107
          • 日本語と朝鮮語のあいだ / 朴燦鎬/p110
          • 音韻を軽視した国語教育 / 前田正二/p115
          • 破壊の総計から新文化へ / 桝井論平/p117
          • 14歳から82歳までの体験の広場--私にとっての「日本語」応募原稿を分析する / 朝日 ジャ-ナル 編集部/p121
          • サイドミラー 無限軌道の先にある無間地獄 / 葛砂耒/124
          • 風声 / 三浦敞/6
        • 18(36)(917) [53]
        • 18(37)(918) [53]
        • 18(38)(919) [61]
        • 18(39)(920) [61]
        • 18(40)(921) [53]
        • 18(41)(922) [53]
        • 18(42)(923) [75]
        • 18(43)(924) [53]
        • 18(44)(925) [53]
        • 18(45)(926) [53]
        • 18(46)(927) [53]
        • 18(47)(928) [65]
        • 18(48)(929) [53]
        • 18(49)(930) [61]
        • 18(50)(931) [62]
        • 18(51)(932) [53]
        • 18(52)(933) [57]
        • 18(53)(934) [53]
      • 1977 (52)
      • 1978 (53)
      • 1979 (51)
    • 1980~1989 (225)

朝日ジャーナルの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1725741/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。