国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

電波研究所季報. 30(特1)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 電波研究所季報
    • 1950~1959 (22)
    • 1960~1969 (61)
    • 1970~1979 (49)
    • 1980~1989 (44)
      • 1980 (4)
      • 1981 (6)
      • 1982 (3)
      • 1983 (6)
      • 1984 (4)
      • 1985 (7)
        • 30(156) [28]
        • 30(157) [28]
        • 30(特1) [181]
          • K-3型超長基線電波干渉計(VLBI)システム開発/p1~354
          • 緒言 / 佐分利義和/1~2
          • Ⅰ.総論 //3~40
          • VLBIをとりまく情勢 / 川尻矗大/p5~16
          • K-3型VLBIシステムの開発と共同実験計画 / 吉村和幸/p17~29
          • K-3型VLBIシステムの概要 / 河野宜之/p31~39
          • Ⅱ.K-3型 VLBI観測システム //41~156
          • 概説 / 川口則幸/p43~47
          • 26mアンテナ・給電系 / 川口則幸. 雨谷純/p49~54
          • 26mアンテナ駆動・プログラム追尾 / 栗原則幸. 村上秀俊/p55~62
          • フロントエンド / 雨谷純. 川口則幸/p63~68
          • バックエンド / 木内等. 黒岩博司/p69~85
          • データレコーダ / 浜真一. 雨谷純/p87~98
          • 水素メーザ原子標準 / 森川容雄. 太田安貞. 木内等/p99~107
          • システム遅延時間較正装置 / 今江理人. 木内等/p109~113
          • 時刻同期系 / 佐藤得男. 栗原則幸. 相田政則/p115~119
          • 遅延基準用標準受信装置 / 栗原則幸. 川口則幸. 雨谷純/p121~125
          • 水蒸気ラジオメータ(気象測器) / 黒岩博司. 川口則幸/p127~134
          • 計算機システムとそのインタフェース / 金子明弘. 村上秀俊/p135~144
          • 自動運用ソフトウェア(KAOS) / 小園晋一. 村上秀俊/p145~156
          • Ⅲ.K-3型相関・一次処理システム //157~216
          • 概説 / 杉本裕二/p159~161
          • 相関処理装置 / 杉本裕二. 浜真一/p163~175
          • レコーダ同期制御 / 雨谷純. 浜真一/p177~183
          • 相関器制御・データ収集ソフトウェア(KROSS) / 国森裕生. 浜真一/p185~198
          • バンド幅合成ソフトウェア(KOMB) / 近藤哲朗. 国森裕生/p199~216
          • Ⅳ.K-3型データ解析ソフトウェア //217~328
          • 概説 / 高橋富士信/p219~221
          • データベースシステムの構造 / 吉野泰造. 小池国正/p223~235
          • データベースセットアップソフトウェア(KASET) / 高橋幸雄. 近藤哲朗/p237~246
          • データベース運用ユーティリティ / 小池国正. 吉野泰造/p247~262
          • アプリオリモデル計算ソフトウェア(KAPRI) / 高橋幸雄. 真鍋盛二/p263~293
          • パラメータ推定ソフトウェア(KLEAR) / 高橋富士信. 吉野泰造/p295~309
          • スケジュール作成ソフトウェア(KASER) / 吉野泰造. 小池国正/p311~320
          • データ相互変換ソフトウェア(KONV) / 近藤哲朗. 吉野泰造/p321~327
          • Ⅴ.日米試験観測による成果 //329~352
          • K-3型観測システムの総合評価 / 川口則幸/p331~337
          • 処理・解析システムによる基線解析結果 / 高橋富士信 他/p339~347
          • 付属資料/p349~351
          • KAOSコマンド一覧表/p349~350
          • 略語表/p350~351
          • 結言 / 高橋耕三/353~353
          • 編集後記 / 高橋冨士信/354~354
        • 31(158) [27]
        • 31(特2) [118]
        • 31(159) [24]
        • 31(160) [35]
      • 1986 (6)
      • 1987 (6)
      • 1988 (2)

電波研究所季報の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2351053/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。