国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

[寺社奉行一件書類]. 第5冊

情報
コマ
/109
コマ移動
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
印刷
JPEG
全コマDL
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
 寺社奉行の取り扱った一事件を一冊ごとにその始末を記したもので、各冊の内容は別記のとおりである。34冊(現在45冊に分冊)。
 「天樹院二百回法事」(第28冊)は二代将軍の娘、千姫(豊臣秀頼の妻)の二百回法事における赦の取扱いについて記したものである(元治元年(1864)より翌慶応元年3月)。
 このほか、勧進相撲興行差免一件(嘉永3年(1850)12月より翌4年4月、第9冊、慶応2年(1866)第41冊)や、料理店抱女(文久元年(1861)、第20冊)など、江戸市中の風俗に関する記述も見られる。(南和男)

各冊内容
1-2 仁和寺宮拝借幷富御願一件。3 武州金沢瀬戸明神相対勧化。4 遠州可睡斎遷化。5 高野宝性院退職。6-8 上野金津軽越中守借用滞。9 勧進相撲興行。10 越後風巻大権現改号。11 足利学校隠居後住願。12 吉川政太郎家督。13 奥州堺高林寺改派。14 滝沢喜太郎昇級。15 専修寺返祝物。16-19 御本丸表向地鎮御安鎮御修法。20 料理店等抱女。21 古筆了博養子。22 三州以来歴代葬所調。23-25 日光御門主上京。26 甲州正覚寺朱印焼亡。27 寺社同心田中錠太郎等吟味。28 天樹院二百回法事。29 上州徳川郷山鹿篤三郎精錬御用。30 駿州静居寺周院染汚。31-33 伊豆権現別当論所吟味。34 新田大光院修復。35-37 三州竜海院花慶理春贈官位願。38 中山法華経寺開帳。39 赦取扱。40 信州善光寺権僧正願。41 勧進相撲興行。42 日光神領支配替。43 滝野川正受院相対配札。44 上州渋川真光寺任官。45 林門入病死。    

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2532945/1

機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。