国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

塩売文太物語 2巻

情報
コマ
/16
コマ移動
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
印刷
JPEG
全コマDL
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
赤本2冊(合1冊)、上冊の題簽は当館本にのみ、下冊の題簽は東洋文庫(岩崎文庫)本にのみあり。画作者無記、柱題「しほやき」、巻末の「新板本目録」により寛延2年鱗形屋版刊。
(内容)女子が正月の読み初めに用いた目出度い御伽草子「文正草子」系の草双紙。娘を一人とする。鴛鴦を登場させたのは土佐浄瑠璃「塩屋文正物語」の影響か。
(上)常陸国の塩焼文太夫婦は塩田をならし塩釜を焚く。娘小しほは歌道を学ぶ。下総一の塩屋大宮司は小しほを妻に望むが応じず、譜代の老女ねぢかね婆が承知させようと請け合う。大宮司の秘蔵の鴛鴦を預かる文太の家に、都の商人助八が宿り、小しほは歌道を通じて深く言い交わす。ねぢかね婆は小袖や櫛笄を並べて小しほを口説くが靡かないので、網代釜に載せて燻(いぶ)し殺そうとする。助八を待つ小しほは、籠の鴛鴦も妻恋しかろうと不憫に思い放してやる。婆は承知しない小しほを、今度は小刀針(こがたなばり)で責めようとする。助八は小しほの手紙を見て連れて逃げようと戻ってくる。小しほは夫助八と都へと旅立つ。
(下)文太夫婦は小しほの書置を見て安堵する。大宮司は小しほを欠落ちさせ秘蔵の鴛鴦を逃がしたので立腹し、文太夫婦を柴漬(ふしずけ)にして海に沈めようとする。夫婦が海に打ち込まれるところに代官所の命令を持った役人が来て止めさせる。代官所の2人の侍は小しほが放して番(つがい)に戻れた鴛鴦の夫婦であった。文太夫婦も娘に会おうと都へ旅立つ。商人助八実は有栖中将は常陸の歌枕を尋ねて小しほに馴初めて御台とし、出世して文太夫婦を召したのであった。(木村八重子)(2016.2)
(紹介)『近世子どもの絵本集』江戸篇(1985.7、岩波書店刊)に影印・翻刻・注・解題(下冊表紙は岩崎文庫)。「江戸絵本とジャポニズム」(国際子ども図書館)にて電子公開。

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2533276/1

機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。