国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

繪本江戸みやげ

/40

解題/抄録

書誌の解題/抄録
西村重長画、江戸名所絵本。半紙本3巻1冊。京都・菊屋安兵衛求板。初板は宝暦3年(1753)。墨摺。絵師等署名「画工 重長」「彫工 又市」。広告「続江戸みやけ 全部三冊出来」。画題は「両国橋の納涼」「みめぐりの春色」「隅田川の青柳」「はしばの舟わたし」「金竜山・聖天のけい」「三谷の土手」「新吉原五十間道」「新吉原夜見せの景」「あさ草なみ木町」「あさ草」「下谷三枚橋」「上野花見のてい」「上野」「しみづいなり」「しのはづの池」「芝あたこ」「行人坂」「目ぐろふどう」「目黒」「神田聖堂」「神田明神」「につほり日くらしの里」「あすか山花見のてい」「おせうぞくゑの木」「おうぢのいわや」「あさぢが原そうせん寺」「かゞみが池」。玉芝軒の序に「其風景を絵に写して寔に他の国へ遣はすには、能家づとゝ、題して、画本江戸土産としかいふ而已」。両国橋納涼の詞書きは、「両国橋のもとに至れば、東西の岸、茶店のともし火、水に映じて、白昼のごとく、打わたす橋の上にわ、老若男女うち交りて、袖をつらねて行かふ風情、洛陽の四条河原の凉もこれには過じと覚べし」。絵は、名所の遠近の情景を俯瞰しながら、人々の暮らしの息づかいを感じさせるもので、季節の風情を的確に表現した詞書きとともに、本書を画期的な江戸名所絵本に押し上げている。(鈴木淳)(2016.2)
(参考文献)稀書複製会編『絵本江戸土産』(米山堂 1920.3)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2533788/1

機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。