国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

花さきぢゝ老楽の栄花

/11

解題/抄録

書誌の解題/抄録
赤本。題簽に「花さき/ぢゞ/老楽/のゑいぐわ」とあり、「老樂」に「おいれ」と振り仮名があるので、読みは「はなさきじゞおいれのえいが」。題簽の上端中央「ぢゞ」と「老楽」の間に、瓢箪形枠に「ゑ奥村」があり、版元も画工も奥村と解される。内容は「花咲か爺」もので前半を欠き、以下に記すように後半のみが残る。
正直爺婆が碾臼で麦をひくと小判や金銀銭が出る。慳貪爺婆がこれを借りてひくと糞をひき出し怒って壊す。慳貪爺婆は臼を割り囲炉裏にくべる。臼を取りに来た正直爺はせめての事に灰を貰って帰る。正直爺は「枯れ木に花を咲かせませう」と呼び歩き、あるお屋敷で所望される。正直爺はお屋敷の庭の枯れ木の上から灰を撒いて四季の花を咲かせ殿の御意(ぎょい)に入る。慳貪爺は枯れ木に花を咲かせ損ない、殿も家臣も目に灰が入って殴られる。慳貪爺は命からがら我家に帰り、婆に叱られる。正直爺方では灰を入れた笊から金銀銭が湧き出て富貴の身となり祝われる。正直爺が花を咲かせる場面は、絵には満開の桜が描かれるが、咲かせる花は四季の花で「牡丹、芍薬、紅葉葉や菊や芙蓉のしほらしく紅梅、水仙とお目に掛けまする」と言い「霧島、山吹」も所望されている。5丁ものの鱗形屋版『枯木花さかせ親仁』でも四季の花を咲かせ、同系統の感がある。本館本と同内容の作品は大東急記念文庫にあるが、これも前半を欠く。(木村八重子)
参考文献:影印・翻刻『落穂ひろい』上巻。書誌『赤本黒本青本書誌 赤本以前之部』

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2533946/1

機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。