国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

ゑもん太郎嫁あらそひ

コマ番号
/15

解題

書誌の解題
改装合1冊。題簽欠。所見題簽によれば「衛門太郎姫諍(ゑもんたらうひめあらそひ)」。「巳年」鶴屋版。作者画工未詳。柱題「ゑもん太郎よめ争(手偏に争)ひ/ゑもん太郎嫁あらそひ」。東北大学狩野文庫「右衛門太郎嫁諍」あり。
(内容)竹田出雲作浄瑠璃「伊勢平氏年々鑑」の草双紙化。清盛娘輦姫と周防判官源基房の息男衛門太郎の婚姻を巡る物語。
(上)永暦の初、安芸国の海中に光を放ち七宝の蝋燭旭に輝き半時ばかり見える。これを絵図にして二条院の叡覧に入れ、清盛は蛤が気を吐き楼閣臺の形を現わす蜃気楼で、大日経に乾達婆城と説かれると説明する。右大弁師常、清盛を嫉む。長田庄司は清盛に、娘輦姫を倅景致の嫁にと望むが承引しないので無念がる。 周防判官は、清盛が、息子衛門太郎を娘の婿にと望み、こちらも望む所なので承引する。衛門太郎綱房は都の白拍子連理に深く馴染む。連理は衛門太郎が清盛の娘と近々祝言する噂を聞いて慌て、彼の屋敷へ行って恥を掻かせようと急ぐ道で衛門太郎の紋の提灯に会い、会釈もなく乗物を引き留め恨みを言う。乗っていたのは父の周防判官で、様子を聞き連理を乗物に乗せて屋敷へ送る。廓の男は世間の親が皆こうならと喜ぶ。長田庄司は、清盛の娘を倅景致の嫁に望んだのに衛門太郎へ遣るので遺恨に思い、周防判官へ打って掛かる。
(下)良辰吉日に清盛娘輦姫が輿入れし、三三九度も済み、床入りに綿帽子を脱ぐと白拍子連理なので衛門太郎は驚く。周防判官は、清盛を誠の武士と信じ縁組を約して半年待ったが姫を中宮に差し上げる企て、それでは当方の武士が立たぬので入内せぬうちに1日も早く他女を娶り、こちらから離縁するための今宵の祝言、変替えされた鬱憤に切腹したと言う。衛門太郎は我がための勿体ない御落命、すぐに清盛館へ参ろうとする。衛門太郎が父の首持参で清盛に会いに来、六波羅の4奉行与三左衛門尉景安・上総五郎兵衛忠光・越中前司盛俊・難波次郎経遠は評定所に集まり返事に窮する。重盛の熊野詣の置き土産と封付きの箱に「清盛の御大事の時開くべし」とあるので開けて見ると、研ぎたての剃刀が1丁ある。戒名まであるのは父清盛を剃髪させよとのこと、そうすれば周防判官の相手もなく鬱憤も晴れる道理と4人は重盛の賢慮を讃える。姫君が琴を弾じ、御酒1つ差し上げ、清盛の寝入り端を乳母八条が剃髪する。衛門太郎は待ちかね、物を投げ退け蹴倒し清盛の居間まで来「太刀打ち適わぬので俄に道心になったな、剃刀ついで輦姫も坊主にしろ」と罵る。清盛は「約束したのは自分が安芸守の時、今は時を得て天に跨がる猛馬、お前のような木っ端武者とは釣り合わぬ」と言う。乳母八条は清盛の悪心を諫めかね自害して輦姫を衛門太郎殿に送り給えと頼み最期。与三左衛門尉景安が清盛を様々諫め姫君の婚礼を取り結ぶ。乳母八条の遺言、上総・越中・難波を初めとする諫言で清盛は心を改め娘輦姫を衛門太郎方へ送る。衛門太郎輦姫、連理と睦まじく、朝夕慣れる深き契りはめでたいことである。(木村八重子)(2016.2)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2533949/1