国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

秦皮圖説

コマ番号
/42

解題

書誌の解題
前田利保は富山藩主で動植物を好み、同好者の幕臣たちを集めて、「赭鞭会」(しゃべんかい)を結成したことで知られる。「赭鞭会」は、中国古代伝説の帝王神農が草を赤い鞭(赭鞭)で、打って汁を出し、それを嘗めて薬効を判断したとの伝承に基き、「本草」(昔の薬学)を指す。会のメンバーは、前田利保(万香亭) ・浅香直光(青洲) ・飯室庄左衛門(楽圃) ・佐橋[さばせ]兵三郎(四季園) ・設楽[しだら]貞丈(妍芳[けんぽう]) ・田丸六蔵(寒泉・霊槐) ・馬場大輔(資生) ・武蔵孫左衛門(石寿)などの幕臣のほか、薬商の大坂屋四郎兵衛(清雅) ・博物画の名手、関根雲停(雲停)などで、記録には( )内に示した号を用いた。赭鞭会は天保7年(1836)の秋頃に結成され、弘化元年(1844)頃まで存続したらしい。会合の頻度ははっきりしないが、天保8年には8回、同9年には4回の記録が残っている。本資料は天保9年6月26日に利保邸(富山藩邸)で関かれた会の記録で、序文は万香亭。課題は「秦皮」で、それがトネリコおよび近縁種のいずれに相当するか、腊葉(さくよう、押葉)を持ち寄り、和書・漢書・洋書を参考にしながら検討した。参加者は万香亭・寒泉・四季園・楽圃・資生・青洲・東溟(氏名未詳) ・石寿・清雅で、30点の彩色図が残されている。このほかに、当館は『赭鞭会品物論定纂』 (特1-23:天保8年9月8日・同11月7日・同12月9日)、『赭鞭会業品物論定纂』(特1-900 :開催日不明)、『赭鞭会論定纂』(特1 -1797 :同前)も所蔵する。(磯野直秀)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2537139/1