国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

よしてるものがたり

コマ番号
/18

解題/抄録

書誌の解題/抄録
改装合1冊(15丁)。題簽欠。大東急記念文庫本に上冊分、『青本絵外題集』1(貴重本刊行会、1974.7)、173頁に中冊分あり、「新/版/三好長慶室町軍 上(中)」、冊次下に篆書風「松」、絵の部分の意匠は上部に桜、下部に水辺の馬2頭白抜、午(安永3)年(1774)の松村版。絵は、上冊は傘差して柳に飛びつく蛙を見る三好長慶立姿(小野道風の応用)(1丁表の場面)、中冊は幼君を背負って濡縁外に立つ細川澄元(9丁裏の場面)、富川吟雪画。柱題「よしてる上(中・下)」。7丁裏8丁表の印刷方法は、文字を別版で、2度摺りしたらしい。
(内容)十三代将軍足利義輝と三好長慶。
(上)文明年中、足利義輝の近臣三好長慶は柳に飛びつく蛙を見て一味を語らい足利を滅ぼし天下をと心を固める。将軍義輝の御台は執権細川政元の妹で、若君11歳は細川の指南で一を聞き十を悟る聡明。都九条の花扇屋大淀は応仁に滅びた山名宗全娘の世を忍ぶ姿。三好は荒川六郎と共謀し大淀を身請して義輝公へ差し上げ、先ず細川の権威を挫こうと工む。荒川は大淀に父の敵義輝を討てと勧める。義輝は大淀になずんで酒色に溺れ、細川らの諫言は聞き入れない。義輝の茶の湯の師伊藤は一人娘初花に良き婿をと試みる。初花は細川の弟靫負佐澄元と心を通わす。荒川と大谷権藤太はこれを見て妬心を燃やす。
(中)義輝を討つ気色がないので、三好は寝所に忍び大淀を打擲して異見する。三好は新座敷を設え招待し、義輝が応じようとすると、大淀は「夢見が悪い」と止め、赤松も止めるので義輝は止める。大谷はこれを知り残念がる。三好は舟中で一味に「大谷は宝蔵に入って軍勢催促の旗を盗み取れ。大淀は小柄で殺して放置し、御台の妬みで細川が殺したと讒し、細川兄妹を追詰めよう」と言い、「下郎は口さがない」と船頭を殺す。大谷は旗を盗み、荒川が大淀を殺す(絵は荒川を「赤」に誤る)。三好の軍勢は細川屋敷へ押し寄せ、細川は弟に若君を負わせ、赤松を御台に付添わせ伊予へ落とす。三好は心安く室町館へ押寄せ、伊藤を生捕り、義輝に自害させる。
(下)伊藤は牢中で口が乾くと番人に桃を乞い、その種で熊野三十三所へ立願の烏百羽を彫刻する。初花は大谷を欺し、番の者たちを酔わせ牢獄の戸を開けて逃げる。伊藤は熊野権現の御加護を喜び大谷の大小を盗み取り落ち行く。荒川は伊藤も逃げたので驚く。伊藤父娘に追手が近づき危うい時、多くの烏が追手を悩ます。文明2年(1470)秋の末、三好足利両軍の戦。長慶は討死に際し一先ず本国に立帰ろうとし、細川と赤松が追いかける。逃げる三好の前に黒雲一群立ち覆い義輝公が立ち、目くるめき落馬した所へ両人が追付き遂に三好を討取る。悪人滅亡の功は細川と赤松の忠心。帝「輝若が幼稚の間は政元が政道を預かり、忠心励むべし」と宣旨あり、御台初め一家中喜ぶ。(木村八重子)(2016.3)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2539815/1