国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

古今武者揃

コマ番号
/17

解題

書誌の解題
文学史で言う「赤本」ではなく、後人によりまとめられた江戸後期小本「赤本/昔ばなし」8冊の内の1冊(1~9丁)。(ただし「源平盛衰記」(寄別3-6-1-1)巻末に画作者の歌「赤本のほんにめでたし/\と又板行もあら玉の春」があるので、当時この種の作品も「赤本」と称したことが判る。)表紙は素朴ながら木版多色摺で、薪を背負って立つ山姥の前で鉞を持って熊に足を掛け殴りかかる金時を描き、題名「古今武者揃(ここんむしやぞろひ)」と版元名「佐野屋板」を表示。見返には題名、版元名のほか「夷福山人作」とあり、やや後ろから見た兜に梅枝を添え、一ノ谷の戦で箙に梅枝を差して戦った梶原源太を象徴する略画。序文六行の末には「孟春 夷福亭主人」とある。「孟春」の上の空白は成立年を示す干支を削除か。「夷福山人」「夷福亭主人」は式亭三馬の門人で江戸末期の戯作者楽亭西馬の別号。画は9丁裏に「広重」とある。柱題「古今」。
(内容)1.「足柄山の山姥」母の乳を銜えながら熊の子を足で押さえる「怪童丸(金時)」。2.背負って来た美女が「楠の亡霊」と現れ刀を抜き掛かる「大森彦七」。3.蓑笠で百姓姿に窶し馬上の「大友真鳥」に鎌で切り掛かる「宿祢兼道」。4.和田酒盛りの場に入って兄十郎祐成を助けようとする「曽我五郎時致」の草摺を掴んで引き止める「朝比奈三郎義秀」。5.平家の「官女玉虫」が船縁に立って掲げる扇を、弓を取って射落とそうとする「那須与市宗高」。6.岩に座して強弓を片手で持ち「嶋人」に弦を引かせる「鎮西八郎為朝」。7.五条橋で7つ道具を背負い大薙刀を振り回す「西塔武蔵坊弁慶」を欄干でいなす「御曹司牛若丸」。8.富士の巻狩りで荒猪に逆さに飛び乗って制する「仁田四郎忠常」。9.牟礼高松の騎馬姿の「九郎判官義経」。といういずれも著名な武者絵の画題9場面から成る、武者尽くし、武者揃え系の作品。「古今」と題し年代順に寄らず、演劇の著名場面に由来するものもある。(木村八重子)(2016.2)
(紹介)加藤康子編著『幕末・明治 豆本集成』(国書刊行会、2004年刊)に、書誌、影印、翻刻、解説あり。

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2541107/1