国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

御書翰嫌字覚書

コマ番号
/55

解題/抄録

書誌の解題/抄録
<「宗家文書」の解題について>
「宗家文書」の解題は、「国立国会図書館「宗家文書」目録」(『参考書誌研究』第76号)の分類ごとに作成されています。以下は、目録分類「4両国往復書関係(2)書式・目録」の解題です。
年代順目録は、リサーチ・ナビ調べ方案内「国立国会図書館所蔵「宗家文書」」を参照してください。
書誌情報タブ(詳細レコード表示)の「被参照資料(URL)」の項目に関連資料へのリンクがあります。

<解題>
4 両国往復書関係
(2)書式・目録 3冊

館守方に備えられた外交文書作成に必要な用語・先例・修辞法をまとめた書式集と、『両国往復書謄』の目録からなる。最も古い『御書翰嫌字覚書』は、正徳4年(1714)以酊庵輪番僧(対馬府中で外交文書を担当する京都五山の僧侶)の天龍寺妙知院中山玄中(再任)が書出した「東武御諱字・朝鮮国御諱字・封進物目録」と、享保13年(1728)朝鮮方の松浦儀右衛門と越常右衛門へ提出された「日韓往復闕上字図」などの書式覚からなる。『日韓往復書式往復不時書契目録』は、寛政6年(1794)から翌年にかけて館守戸田頼母(三任)の代に作成された書式・目録である。このうち書式について、戸田頼母は覚書の中で「不時御使者返翰吟味之節、不功之住持在勤之節は、下見・御返翰当日共書式文意等宜候由御座候ニ付、御使者取帰ニ至後不吟味之所在之、毎々為改撰被差越、御手入相成、甚以如何敷事ニ付、折節真文佐々木恵吉渡合故、申渡候て一ト通書式仕立差出候」と述べており、東向寺僧の技量不足による不吟味の公文書持ち帰りを防ぐために、朝鮮方真文役の佐々木恵吉に作成させたとしている。また目録は、寛永元年(1624)から承応2年(1653)12月までを著録(寛政7年4月作成)したものと、承応3年(1654)から明治2年(1869)3月分までを補遺著録したものに別れる。戸田頼母は『館守毎日記』同様、『両国往復書謄』の現存状況と内容を調査し、そのころ倭館に承応3年(1654)以降のものしか置かれていなかったことから、寛永11年(1634)から承応2年までのものを新規に9冊に仕立てて収蔵している。(田代和生)(2017.3)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2541640/1