国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

国芳国貞錦絵

コマ番号
/68

解題

コンテンツの解題
画題:七五三祝ひの圖
画工名:歌川豊国(3代)
落款:国貞改二代/豊國画、国貞改二代/豊國画、国貞改二代/一陽齊豊國画
改印:「濱」(弘化)
判・種類:大判、錦絵、3枚続
種類 : 風俗画
版元:「神田かぢ一/清水屋板」「神田かち一/しみつや」「神田かち一/清水屋板」
解説 : 旧暦11月15日に行われる帯解(おびとき)と袴着(はかまぎ)と髪置(かみおき)の祝いで、七・五・三歳の子どもが揃う裕福な町家の、氏神に詣でる場面であろう。中央の七歳の女児は簪を一杯つけて帽子を被り、出入りの仕事師と思われる赤い革羽織の人物の肩に負われ、豆絞りの手拭いの上から彼の額(ひたい)にしっかりつかまり、付添いの女性が手を添えている。右図は、これも外出用の帽子を被った母親を促して先を急ぐ五歳の男児。紋付の裃を着し、一本刀を差している。たくさんの千歳飴を下げ、荷物を背負って家刀自(いえとじ)の後ろに付き従うのは「小僧」と呼ばれる丁稚奉公(でっちほうこう)の少年であろう。左図は先頭を行く三歳の女児、負っている女性は華やかな着衣なので使用人ではなく親族かもしれない。雲形の向こうにこれから参詣する氏神の鳥居と樹木と社殿の屋根が背景のように描かれる。樹木の頂に背景の藍色ツブシが被っているため、一層写実味から遠い印象で、神社を特定せず描いているようである。(木村八重子)
所収資料名:『国芳国貞錦絵』(請求記号:ゑ-107)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツ情報

解題
画題:七五三祝ひの圖
画工名:歌川豊国(3代)
落款:国貞改二代/豊國画、国貞改二代/豊國画、国貞改二代/一陽齊豊國画
改印:「濱」(弘化)
判・種類:大判、錦絵、3枚続
種類 : 風俗画
版元:「神田かぢ一/清水屋板」「神田かち一/しみつや」「神田かち一/清水屋板」
解説 : 旧暦11月15日に行われる帯解(おびとき)と袴着(はかまぎ)と髪置(かみおき)の祝いで、七・五・三歳の子どもが揃う裕福な町家の、氏神に詣でる場面であろう。中央の七歳の女児は簪を一杯つけて帽子を被り、出入りの仕事師と思われる赤い革羽織の人物の肩に負われ、豆絞りの手拭いの上から彼の額(ひたい)にしっかりつかまり、付添いの女性が手を添えている。右図は、これも外出用の帽子を被った母親を促して先を急ぐ五歳の男児。紋付の裃を着し、一本刀を差している。たくさんの千歳飴を下げ、荷物を背負って家刀自(いえとじ)の後ろに付き従うのは「小僧」と呼ばれる丁稚奉公(でっちほうこう)の少年であろう。左図は先頭を行く三歳の女児、負っている女性は華やかな着衣なので使用人ではなく親族かもしれない。雲形の向こうにこれから参詣する氏神の鳥居と樹木と社殿の屋根が背景のように描かれる。樹木の頂に背景の藍色ツブシが被っているため、一層写実味から遠い印象で、神社を特定せず描いているようである。(木村八重子)
所収資料名:『国芳国貞錦絵』(請求記号:ゑ-107)

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2542566/16