国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

国芳国貞錦絵

コマ番号
/68

解題/抄録

コンテンツの解題/抄録
画題:ゑん日の景
画工名:歌川国貞
落款:五渡亭国貞画
改印:「極」(文政頃)
判・種類:大判、錦絵、3枚続
種類 : 風俗画、美人画
版元:富士山形に「久」(山本平吉)
画中文字:(左図虫売りの看板に)「ほたる/松むし/鈴虫/草ひばり/虫品々」
解説 :三箇所に灯火が吊られ、供の男が小田原提灯を持つ夏の縁日の宵。黒塀を背景に、植木売、金魚売、虫売の出店が描かれる。植木店には紫陽花(あじさい)、躑躅(つつじ)、百合、撫子(なでしこ)らしいものや赤い実をつけた鉢も見え、画家が季節を取り混ぜて描いたようである(注・鳥居恒夫氏のご教示によれば、江戸時代の園芸は「室咲き」の語にみられるように促成栽培はあったが抑制栽培はできなかった由)。焼付(やきつけ)の立派な鉢には観葉植物もみえ、縄で括った板状のものは芝であろうか。虫売の屋台には様々な形の虫籠があり、黒い綟張(もじばり)の蛍籠も見える。細部を丁寧に描いて、四季を楽しみ日常を大切にした江戸の人々の豊かな暮らしが彷彿する。美人の衣装にも注目したい。左図の美人には「烏鷺」、中図の美人には「木菟」といった伝統画題が意匠に用いられているらしい。一方、右図の美人の浴衣には「國貞画」「五渡亭画圖」「大々叶」、さらに版元の「山本平吉」までが涼しげな藍散らしに白抜きでデザインされている。題名に用いた「年玉枠」や画中の提灯の紋などに擬して歌川派を示す「年玉印」を用いた例は時々見かけるが、ここまで自己宣伝を図案化して描き込んだ面白い例は少なく、それだけ気を入れた作品なのであろう。なお、明らかにこの作品を借り用いた上方役者絵があり、2009年、太田記念美術館で開催された折の『特別展/江戸園芸花尽し』に本図とともに紹介されている。(木村八重子)
所収資料名:『国芳国貞錦絵』(請求記号:ゑ-107)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツ情報

解題/抄録
画題:ゑん日の景
画工名:歌川国貞
落款:五渡亭国貞画
改印:「極」(文政頃)
判・種類:大判、錦絵、3枚続
種類 : 風俗画、美人画
版元:富士山形に「久」(山本平吉)
画中文字:(左図虫売りの看板に)「ほたる/松むし/鈴虫/草ひばり/虫品々」
解説 :三箇所に灯火が吊られ、供の男が小田原提灯を持つ夏の縁日の宵。黒塀を背景に、植木売、金魚売、虫売の出店が描かれる。植木店には紫陽花(あじさい)、躑躅(つつじ)、百合、撫子(なでしこ)らしいものや赤い実をつけた鉢も見え、画家が季節を取り混ぜて描いたようである(注・鳥居恒夫氏のご教示によれば、江戸時代の園芸は「室咲き」の語にみられるように促成栽培はあったが抑制栽培はできなかった由)。焼付(やきつけ)の立派な鉢には観葉植物もみえ、縄で括った板状のものは芝であろうか。虫売の屋台には様々な形の虫籠があり、黒い綟張(もじばり)の蛍籠も見える。細部を丁寧に描いて、四季を楽しみ日常を大切にした江戸の人々の豊かな暮らしが彷彿する。美人の衣装にも注目したい。左図の美人には「烏鷺」、中図の美人には「木菟」といった伝統画題が意匠に用いられているらしい。一方、右図の美人の浴衣には「國貞画」「五渡亭画圖」「大々叶」、さらに版元の「山本平吉」までが涼しげな藍散らしに白抜きでデザインされている。題名に用いた「年玉枠」や画中の提灯の紋などに擬して歌川派を示す「年玉印」を用いた例は時々見かけるが、ここまで自己宣伝を図案化して描き込んだ面白い例は少なく、それだけ気を入れた作品なのであろう。なお、明らかにこの作品を借り用いた上方役者絵があり、2009年、太田記念美術館で開催された折の『特別展/江戸園芸花尽し』に本図とともに紹介されている。(木村八重子)
所収資料名:『国芳国貞錦絵』(請求記号:ゑ-107)

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2542566/52