国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

国芳国貞錦絵

コマ番号
/68

解題

コンテンツの解題
画題:十二月之内/師走/餅つき
画工名:歌川豊国(3代)
落款:豊國画(年玉枠)
改印:「寅六」「改」(嘉永7年6月改)
判・種類:大判、錦絵、三枚続
種類 : 風俗画、美人画
版元:(入山形に星に蔦)「蔦屋吉蔵」
解説 : 十二ヶ月の揃物12枚の内の一図。下見板のある町家の軒先での餅つきの景。右図では臼と杵で餅を搗く。奥に糯(もちごめ)を蒸し上げる釜が見え、桶に差してある数本の棒は水に浸けてある杵であろう。臼の傍らの髙足の盥には、捏取(こねどり)の女性が時々手を入れる水が用意してある。中図の女性は、取粉(とりこ)を薄く敷いた箕(み)を持って搗き上がるのを待ちながら、娘に抱かれ餅花を差し出す幼児に語りかけている。左図は搗き上がった餅を丸めたり伸したりする作業。背後の筵に伸し餅が見え、奥には欠餅(かきもち)用の海鼠餅(なまこもち)が並んでいる。搗きたての餅を冷ますために扇いでいる団扇には、水草と亀が描かれ、豊国の門人「國綱画」の落款が見える。小桶の手前の膳には、大小の器と卸金に乗せた大根が見え「辛味餅」も作ったらしい。大きな提灯が下がっているので、師走の払暁であろう。提灯の印(しるし)は版元蔦屋吉蔵の商標で、同じ印が搗き手の男性の印半纏に付いている。半纏の裾の文字は「蔦吉」の「吉」の字。(木村八重子)
所収資料名:『国芳国貞錦絵』(請求記号:ゑ-107)
他に『錦絵帖』(請求記号:寄別2-8-2-7)、『風俗吾妻錦絵』(請求記号:寄別1-9-1-2)、『[豊國十二ヶ月]』(請求記号:寄別2-8-1-6)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツ情報

解題
画題:十二月之内/師走/餅つき
画工名:歌川豊国(3代)
落款:豊國画(年玉枠)
改印:「寅六」「改」(嘉永7年6月改)
判・種類:大判、錦絵、三枚続
種類 : 風俗画、美人画
版元:(入山形に星に蔦)「蔦屋吉蔵」
解説 : 十二ヶ月の揃物12枚の内の一図。下見板のある町家の軒先での餅つきの景。右図では臼と杵で餅を搗く。奥に糯(もちごめ)を蒸し上げる釜が見え、桶に差してある数本の棒は水に浸けてある杵であろう。臼の傍らの髙足の盥には、捏取(こねどり)の女性が時々手を入れる水が用意してある。中図の女性は、取粉(とりこ)を薄く敷いた箕(み)を持って搗き上がるのを待ちながら、娘に抱かれ餅花を差し出す幼児に語りかけている。左図は搗き上がった餅を丸めたり伸したりする作業。背後の筵に伸し餅が見え、奥には欠餅(かきもち)用の海鼠餅(なまこもち)が並んでいる。搗きたての餅を冷ますために扇いでいる団扇には、水草と亀が描かれ、豊国の門人「國綱画」の落款が見える。小桶の手前の膳には、大小の器と卸金に乗せた大根が見え「辛味餅」も作ったらしい。大きな提灯が下がっているので、師走の払暁であろう。提灯の印(しるし)は版元蔦屋吉蔵の商標で、同じ印が搗き手の男性の印半纏に付いている。半纏の裾の文字は「蔦吉」の「吉」の字。(木村八重子)
所収資料名:『国芳国貞錦絵』(請求記号:ゑ-107)
他に『錦絵帖』(請求記号:寄別2-8-2-7)、『風俗吾妻錦絵』(請求記号:寄別1-9-1-2)、『[豊國十二ヶ月]』(請求記号:寄別2-8-1-6)

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2542566/61