国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

多節六足蟲新誌. 卷1-15

解題

書誌の解題
原著はフランスで1867年に出版されたLes insectes (「昆虫の世界」という訳が適切)。原著者はLouis Figuier (1819~94)で、科学者だが昆虫学者ではなく、啓蒙書の著述を業としていた人らしい。翻訳者の菊野七郎は生没年未詳、加賀藩士で、日本でのフランス語学の始祖村上英俊の門下。経歴は明確ではないが、維新後は参謀本部に勤務(十等出仕)し、参謀本部編『兵語字書』 (仏・独・英・蘭対訳辞書の翻訳)の翻訳者の一人だった。本書の訳文はわかりやすいが、原著では619もあった図版がすべて省略されているのが欠点。本書は、巻2 (ノミとシラミ)、巻3 (蚊、蝿)、巻4 (カメムシ、セミ)、巻6 (蝶、蛾)のように形態的に似た種類をまとめているが、そのなかで、蜜蜂・蚕蛾・ヤママユガなどの益虫や、白蟻・ツェツェ蝿・カメムシ・ゴキブリなどの害虫を特に詳しく述べているのが大きな特色である。なお、訳本の題名にある「多節[動物]」は現在の「節足動物」に相当し、「六足虫」は「昆虫」の異称。また、「虫+少」という漢字を多用するが、その読みは「ビョウ」で、卵から孵化したばかりの幼虫を指す。(磯野直秀)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。