国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

御仕置例類集. 明和9-享和2

解題

書誌の解題
 仕置例類集は、各奉行から老中に仕置の伺をたてたもののなかから、老中が評定所に諮問した事件について、評定所が行なった評議例を整理分類したものである。評定所が刑事事件の先例を集め、裁判の準則としたものであり、先例を重んじた江戸時代の司法運営の実態を知ることが出来る貴重なものである。164冊(現在273冊に分冊)。
 仕置例類集は前後5回にわたって編纂された。第1回は文化元年(1804)になり、明和8年(1771)から享和2年(1802)までの仕置例を収め、30冊(現在67冊に分冊)で古類集(又は以下表紙の色により茶表紙前集)とよばれる。第2回は享和3年(1803)から文化11年(1814)まで31冊(現在44冊に分冊)、新類集(又は青表紙)とよばれる。第3回は文化12年(1815)から文政9年(1826)までを収め、37冊(現在66冊に分冊)で、続類集(又は黄表紙)とよばれる。第4回は文政10年(1827)から天保10年(1839)まで65冊(内4冊を欠く。現存分は96冊に分冊)、天保類集(又は茶表紙後集)とよばれる。第5回は天保11年(1840)から嘉永5年(1852)であるが、現存しない。
 本史料は寺社奉行所の旧蔵で、評定所旧蔵本は関東大震災のおり焼失した。細目は国立国会図書館参考書誌部編『御仕置例類集細目』上下(「旧幕府引継書目録」7、8。国立国会図書館、1965,66)がある。(南和男)

目次・巻号

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。