国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

はちかつきひめ

解題

書誌の解題
赤本2冊。鱗形屋版。覆表紙はあるが原装で上下題簽完備。姥皮(うばかわ)(シンデレラ)系の継子もの御伽草子「鉢かづき」を草双紙化した作品。さねたか公と御台が長谷観音に祈請し姫を授かるが、姫十三歳の時、御台は姫の頭にさまざまの宝を置いて鉢を被せ、観音に祈請して空しくなる。継母は実子が生まれたので鉢かつきを憎み、さねたか公に讒訴して追い出させる。姫は川に身を投げるが、流れる鉢を漁師が見つけて岸へ上げて捨てる。姫は人里へ迷い出て子どもらに笑われるが、三位の中将が不思議に思い屋敷へ連れ帰って召し使いになさる。中将殿の四番目の御子宰相殿は湯殿で火を焚く姫を見初めて口説き、姫はなびく。以上が上冊。宰相殿は約束の印(しるし)に黄楊(つげ)の枕と笛を形見に渡し、これを詠み込んで相聞歌を交わす(題簽上の絵)。両親は宰相殿が思い切るように嫁比べに鉢かつきを出させる。仕方なく二人が屋敷を忍び出る時、姫の被った鉢が落ち、いろいろの宝が出る(題簽下の絵)。鉢の落ちた姫は装束着飾り、いろいろの宝を持って嫁比べに出、皆々美しさに肝をつぶす。弾琴、詠歌にも勝ち、両親は姫を世継ぎの嫁になされ、宰相殿に跡を譲られる。ほどなく二人の公達も生まれ、うち連れて長谷観音へ参詣すると、道心になったさねたか公にめぐり会う。観音堂で、姫、さねたか公、婿、孫が喜びの対面をする。絵は、先行作品に依拠しているが、背景も細かく描き、穏やかな描法で物語の展開を補っている。(木村八重子)
参考資料:『近世子どもの絵本集』江戸篇、『江戸の絵本』Ⅲ(渡邊英信「はちかつきひめ」、国書刊行会、昭和63刊)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。