国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

小笠原島真景圖

解題

書誌の解題
文久元年(1861)12月、幕府は領有権確立と開拓のため、咸臨丸(かんりんまる)で小笠原諸島に幕臣を派遣したが、生麦事件の余波で、八丈島から来た開拓民を含む全員が同3年5月に引き揚げた。本資料はこの期間の記録である(『稀本あれこれ』参照)。冊1と2は図集。冊1『小笠原島真景図』乾之巻は小笠原諸島全体と父島の地図・鳥瞰的地形図・風景画、冊2『小笠原島真景図』坤之巻は母島の地図・絵図のほか、咸臨丸や米国捕鯨船の図など。母島諸島測量図はグリニジ起点の経緯線入り、また両図とも海には錘測による水深を記す。小型図ながら日本における近代海図の最早期の一例。冊3は『小笠原島所産鱗介図』で、魚類22品と貝類12品のスケッチ。品名は一つも記されていないが、アカマンボウ・チョウチョウウオ・ノコギリザメ、スイジガイ(水字貝)・シャコガイなどが描かれている。当館の『小笠原島紀事』(W243-9、33冊)の冊1凡例によると、本資料の冊1~3は、絵図担当として咸臨丸に乗り組み、文久2年3月に同艦で帰府した宮本元道(大垣藩医、蕃書調所絵図調方出役)が描いた。また、『紀事』冊20~23に本資料の写しがあるが、転写図はかなり劣る。なお、延宝3年(1675)に幕府は、まだ無人の小笠原諸島を調査したが、『長崎港草』(123-3)巻6の「嶋谷市左渡嶋話」に、その成果が要領よくまとめてあるし、上記『紀事』にも関連記事が多数含まれている。(磯野直秀)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。