国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

諸家集註唐詩三體家法 3卷

解題/抄録

書誌の解題/抄録
諸家集注唐詩三体家法3巻 宋周弼編選 元裴庾集注 元釈圓至増注 〔室町中期〕写 大3冊
宋の周弼が唐詩を五言律詩・七言律詩・七言絶句の三体に分類し編集した詩集。元時代の裴庾の注釈を主とし、元の僧圓至の注釈を追加したもの。『三体詩』は中巌円月(1300-1375)が大陸からもたらしたと言われ、以来、日本の南北朝時代から江戸時代まで、夥しい量が出版されているが、その大部分は『増注唐賢三体詩』と題するものである。それは圓至天隠の注に斐庾季昌(この系統の写本は、本来の姓である「裴」ではなく「斐」字と書写する)の注を増附したもので、七絶・七律・五律の順である(当館請求記号:WA6-21・WA6-19・WA6-20参照)。掲出本はそれと構成が異なる『諸家集注唐詩三体家法』と題するテキストで、日本の刊本は増注本より早く南北朝頃に出たが、巻3の1冊しか現存しない(慶應義塾図書館)。掲出本はその刊本を写した写本で、しかも3巻完存しているので大変貴重な伝本である。『諸家集注』と題する古写本は他に数本あるが、みな不完本である。中国でも早く亡んだ。掲出本は巻1と巻2・3の2種類の筆跡で書写され、本文・注の訓点や朱点は、本文書写時に加えられたものであろう。書写葉の字面高さは約24.0cm。栗皮色表紙(縦30.5cm、横22.7cm)の裏張りに、掲出本と同書名古写本の反故紙を使う(これも貴重な資料)。料紙は楮紙で、虫損により総裏打ちを施す。実業家亀田候吉の基金により昭和18年(1943)に購入した。(高橋智)(2018.1)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。

機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)
再生速度変更ボタン

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。