国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

解題/抄録

書誌の解題/抄録
 「享保撰要類集」は年号を付した最初の撰要類集であり、享保元年(1716)より宝暦3年(1753)までの法令先例集である。42冊(現在94冊に分冊)。
 町奉行大岡忠相は執務上の便宜のため、市政上重要な法令および後世参考となると思われるものの分類、編集を命じた。忠相のときに完成したのは単に「撰要類集」と呼ばれ、現在国立公文書館内閣文庫および大岡家に伝わるものである(昭和42年より46年にかけ3冊にわけて刊行をみた。辻達也校訂『撰要類集』続群書類従刊行会刊、当館請求記号:322.15-Se188)。
 享保20年(1735)大岡忠相の寺社奉行転出後も、町奉行所では引続きその業務を継続した。宝暦3年(1753)3月までの分を書き加えたのが、この「享保撰要類集」である。諸法令の立法過程を含めて編纂しているのが大きな特色で、たんなる法令集とは大きく異なるところであり、本館所蔵が唯一の伝本である。なお「享保撰要類集」は昭和19年に石井良助編『近世法制史料叢書』別篇(当館請求記号:749-93)として、第1冊(第1~3巻所収)が出版されている。影印本としては4冊(御祝儀之部まで。第1冊から第46冊まで)が昭和60年より翌年にかけて野上出版より刊行をみた(『享保撰要類集』第1巻~第3巻、当館請求記号:AZ-145-83。第4巻は当館未所蔵)。細目は『撰要類集細目』第1(「旧幕府引継書目録」9。国立国会図書館参考書誌部、昭和42年。当館請求記号:322.15-Ko548s2)がある。(南和男)

目次・巻号

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。